馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

地方競馬

JBC3競走を振り返る その1 JBCレディスクラシック

投稿日:2014年11月3日 更新日:

11/3 盛岡競馬場でJBC3競走(JBCレディスクラシックJBCスプリントJBCクラシック)が行われました。

1番手の牝馬限定競走、JBCレディスクラシックは、岩田康誠騎手騎乗の3番人気サンビスタがコースレコードで力強く快勝しました。

◆第4回JBCレディスクラシック・交流G1(3日・ダート1800メートル、盛岡競馬場、重)
 ダート界の牝馬女王決定戦には、JRA6頭、地元・岩手から4頭、名古屋2頭、浦和、船橋、笠松、高知から各1頭の計16頭が参戦した。レースは好位5~6番手でレースを進めた2番人気のJRA所属、サンビスタ(岩田)が1分49秒3のコースレコードで、8月のブリーダーズGCに続く重賞2勝目を挙げた。2着は3番人気のトロワボヌール(田中勝)、3着は1番人気のワイルドフラッパー(蛯名)。上位をJRA勢の人気馬が占めた。
http://www.hochi.co.jp/horserace/20141103-OHT1T50101.html

競走結果はこちら。

JBCレディスクラシックの競走結果

今年のダート牝馬戦線、女王メーデイア引退後はワイルドフラッパーの独壇場でした。

ワイルドフラッパーは、TCK女王杯でメーデイアの2着後の牝馬限定重賞は、
 ・ エンプレス杯 1着
 ・ マリーンC 1着
 ・ ブリーダーズゴールドC 2着
 ・ レディスプレリュード 1着
という成績。

そんな中、ブリーダーズゴールドCで唯一ワイルドフラッパーを負かしていたサンビスタが、大一番で一矢報いた形になりました。

父スズカマンボ、生産グランド牧場、馬主ユニオンと地味目ながら、角居勝彦厩舎のもと着実に力を付けていった印象です。
ただし、今後牡馬に混じった場合は少し足りない気はします。

2着のトロワボヌールは今年からダートを使い始めた馬。まだ前走で準オープンを勝った身なので、今後の牝馬路線での活躍が見込まれそうです。
美浦の馬(畠山吉宏厩舎)なので関西馬よりも輸送の有利さも状態面で味方につけたと思います。

3着のワイルドフラッパーは断然の1番人気でしたが伸びきれず。
今回は終始行きっぷりが悪かった印象でした。

ちなみにハートの勝負服で話題を集めている女性騎手、木之前葵騎手が騎乗したブレーヴスキーは14着でした。





-地方競馬
-, ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.