馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

地方競馬

JBC3競走を振り返る その2 JBCスプリント

投稿日:2014年11月3日 更新日:

11/3 盛岡競馬場でJBC3競走(JBCレディスクラシックJBCスプリントJBCクラシック)が行われました。

2番手の短距離競走、JBCスプリントは、岩田康誠騎手騎乗の2番人気のドリームバレンチノが、去年2着の雪辱を果たしGⅠ初制覇を飾りました。
岩田康誠騎手は、レディスクラシックに続き連勝となりました。

◆第14回JBCスプリント・交流G1(3日・ダート1200メートル、盛岡競馬場、重)
 砂の短距離王を決める一戦は、JRA6頭に、地元・岩手から佐賀までの地方競馬のスピード自慢10頭の計16頭で争われた。
 レースは先行集団を見る形で進めた2番人気のJRA所属、ドリームバレンチノ(岩田)が1分9秒0のタイムで、13年の兵庫GT以来の重賞4勝目を挙げた。鞍上の岩田康誠騎手(40)=栗東・フリー=は、レディスクラシック(サンビスタ)に続くJBC連勝となった。
 2着は、浦和から参戦した6番人気のサトノタイガー(吉原寛)、3着は5番人気のタイセイレジェンド(福永)だった。
http://www.hochi.co.jp/horserace/20141103-OHT1T50103.html

競走結果はこちら。

JBCスプリントの競走結果

勝ったドリームバレンチノはうれしいGⅠ初制覇。

かつては芝の舞台で活躍していた同馬。高松宮記念で世界のロードカナロアの2着の実績があります。
去年のJBCスプリントからダート路線に矛先を変更。
今回の大一番でついにその結果が実りました。

2着は浦和所属(小久保智厩舎)のサトノタイガー。

かつては中央所属(的場均厩舎)で芝のオープン特別(秋風S)勝ちの実績がありました。
今回は金沢の吉原寛人騎手を起用し、大健闘の2着。
まだ6歳なので、今後も短距離路線で期待が出来るのではないかと思います。

1番人気のノーザンリバーは5着。
蛯名正義騎手は、JBCレディスクラシックに引き続き人気を裏切る形に。
天皇賞(秋)のフェノーメノからイマイチ流れが良くないですね。

3番人気で今回初ダートで武豊騎手を起用したコパノリチャードはシンガリ負け。
芝からこのレースに転戦してきた馬がこのレースに出てきた場合は、ドリームバレンチノとダッシャーゴーゴーが好走した程度で、それ以外はイマイチな結果。

今後も芝からの転戦組が人気になっている場合は要注意かと思います。

-地方競馬
-, ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.