中央競馬

世界の矢作芳人にまつわる大井競馬との関連

ラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌでアメリカのG1を勝利パンサラッサ、ステイフーリッシュ、バスラットレオンでドバイの重賞を1日3勝 今や世界の矢作となった、矢作芳人調教師。栗東の調教師ではありますが、その原点は大井競馬にあると言え...
地方競馬

ダートのG1およびJpn1競走の数

羽田盃と東京ダービーを2024年からJRA所属馬に開放して、Jpn1競走として交流重賞となることが発表されました。 NARとJRAは20日、東京都内で合同会見を行い、2024年から3歳ダートの3冠競走を創設することを発表した。 現在...
その他

あの一口クラブの、ゴールドホースクラブが再始動!?

あの、ゴールドホースクラブのホームページがリニューアルされていました。募集馬?も掲載されていることから、ちょっとした話題になっているようです。 ゴールドホースクラブとは? ゴールドホースクラブは、スターキングマンやスターエルド...
その他

ディープインパクトのラストクロップたち

2022年にデビューする2歳馬たちが、ディープインパクトにとっての最後の産駒たちになります。 最終年に種付けした頭数は24頭。その中から、いわゆるラストクロップが、世界中でデビューをします。 そこで、私が調べた範囲で、ディープ...
中央競馬

あの馬主の本業は?

多くの活躍馬を所有するなど、よく見る勝負服の馬主さん。 芸能人やスポーツ選手ではないですが、名前はよく知っているという人も多いと思います。 そこで、オーナーブリーダー以外の、G1馬を中心に活躍馬を所有する有名な馬主(法人名義の...
引退馬に会いに行こう

2021年に供用停止となった種牡馬たちのその後

2021年も多くの種牡馬たちが、種牡馬生活を終えました。種牡馬を引退した馬たちのその後を、判明している範囲でまとめましたので紹介します。 供用停止馬の一覧とその後 亡くなった馬たち 残念ながら去年...
中央競馬

家系図から辿る、武豊と西郷隆盛の血縁関係

なぜか、ここ最近このブログに家系図系の記事のアクセスが急増しているようです。そこで、今回は武豊騎手と西郷隆盛の関係性を家系図にしてまとめてみました。 武邦彦の三男、武豊 武豊騎手については、今更説明する必要はないかと思います。...
海外競馬

ラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌの快挙に対する海外の反応

2021年、ついに日本の馬がブリーダーズカップデイのレースを勝利する快挙が達成されました。それも1日で2頭。 BCフィリー&メアターフのラヴズオンリーユーBCディスタフのマルシュロレーヌ 2頭を管理する矢作調教師の手腕はお見事...
未分類

3歳馬が天皇賞(秋)で好走するための条件とは?

秋の中距離路線にとって、重要なG1競走である天皇賞(秋)。古馬にとって重要なレースではありますが、3歳馬の挑戦もあります。 そこで、近年、天皇賞(秋)に参戦した3歳馬の成績を一覧にして、好走条件を調べてみました。 天皇賞(秋)...
未分類

優秀すぎるシラユキヒメの一族

今年の桜花賞を勝利した白毛馬ソダシ。一般ニュースでも取り上げられるなど、話題性も高い馬です。 祖母は、サンデーサイレンス産駒の白毛馬、シラユキヒメ。シラユキヒメという存在は、非常に偉大な存在になっています。 突然変異の白毛馬 ...
タイトルとURLをコピーしました