エーシンモアオバーが名古屋グランプリを連覇

去年、一昨年、3年前と近3年の勝ち馬が揃った名古屋グランプリは、一昨年の勝ち馬である6番人気のエイシンモアオバーが、GⅠ馬ニホンピロアワーズの追撃をクビ差凌ぎ切り、見事に連覇を達成しました。
 

強気の競馬 エイシンモアオバー

エイシンモアオバーは、同型である武豊騎手騎乗のトーショウフリークとの出方に注目が集まりました。
今回はゲートを切ると、鞍上の岡部誠騎手がハナを主張するスタートだったのもあり、この強気の姿勢が最後の粘りに繋がったのだろうと思います。
岡部誠騎手はこの馬とこのレースで4年連続のコンビ。これまで2→2→5着でした。
今回は前走の浦和記念での惨敗で人気落ちしていましたが、地元名古屋の名手にとっては気楽に乗れる人気だったのだろうと思います。
 

 

高齢の中央勢

ニホンピロアワーズは衰えか?

その他の中央勢では、3年前の勝ち馬ニホンピロアワーズが2着。
今年は東京大賞典には行かずに堅実にこちらに駒を進めてきましたが、あと一歩足りませんでした。
最近の成績からやや衰えが見え始めています。
今回は馬体重が過去最大体重だったので、次走絞れていればもう1回様子を見たいと思います。

まだまだやれるシビルウォー

去年の勝ち馬シビルウォーは3着。
来年10歳になりますが、長距離でこの程度の相手であればまだやれるのでしょう。
7着のトーショウフリークは引っかかってしまい話にならず。
 

これからに期待 グランディオーソ

南関東から参戦のグランディオーソは4着。
今回は期待が集まりすぎた感は否めないですが、このメンバーでは若い方の5歳馬。
今後の交流重賞でも地方の有力馬として期待出来るのではないかと思います。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました