中央競馬

重賞勝ち馬の転厩

投稿日:

2016年のサウジアラビアRC、東スポ杯2歳Sを制したブレスジャーニーが、オーナーサイドの意向で美浦の本間忍厩舎から栗東の佐々木晶三厩舎に転厩することが発表されました。

昨秋のサウジアラビアRC(G3)、東京スポーツ杯2歳S(G3)を連勝したブレスジャーニー(牡3)が25日付で、美浦の本間厩舎から栗東の佐々木厩舎に移籍することが分かった。オーナーサイドの意向によるもの。

 同馬は3月に右橈骨(とうこつ)遠位端を骨折。現在は休養中だが、北海道厚真町のエスティファームで調教を開始している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-01877499-nksports-horse

ブレスジャーニーは怪我で離脱中ですが、2歳時にはスワーヴリチャードやダンビュライトを負かしているという逸材。

どういった経緯があって転厩に至ったか理由は分からないですが、本間厩舎としては痛手でしょうし、残りの騎手生活が長くないであろう柴田善臣騎手にとっては、継続して騎乗できるのかが分からなくなってしまいました。

海外と違って日本ではあまり転厩は無い気がします。
そこで、重賞勝ち馬が転厩した例を調べてみました(地方移籍ではなく、JRA内での転厩。調教師の勇退などに伴う転厩は除く)。

馬名転厩前転厩後転厩の理由
シーキングザパール佐々木晶三森秀行オーナーと調教師の意見の相違
フサイチゼノン田原成貴森秀行調教師への不信
ミッドナイトベッド長浜博之小島太障害転向のため
ドリームパスポート松田博資稲葉隆一オーナーと調教師の意見の相違
イイデケンシン昆貢池添兼雄
イクスキューズ藤沢和雄鹿戸雄一
グロリアスノア矢作芳人小西一男オーナーと調教師の意見の相違
リーチザクラウン橋口弘次郎杉浦宏昭
ヘニーハウンド矢作芳人吉村圭司
クリスマス斎藤誠伊藤大士
スマートギア松永昌博岩戸孝樹障害転向のため
スマートオーディン松田国英池江泰寿オーナーと調教師の意見の相違
クラリティスカイ友道康夫斎藤誠馬が不振のため環境を変える
アドマイヤデウス橋田満梅田智之

-中央競馬
-, , ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.