2016 香港スプリントに出走する注目馬たち

香港国際競走(香港スプリント、香港マイル、香港ヴァーズ、香港カップ)の招待を受諾した日本馬が発表されました。
今年は日本で馬券も買えるということもあって注目も大いに集まると思います。

香港スプリントについて

  • レース番号:5R
  • 発走時刻:日本時間 15:40(現地時間14:40)
  • 距離:1200m

日本馬は過去にロードカナロアが連覇を達成。
香港のスプリント界はレベルが高いですが、今年は例年よりはレベルが低い印象です。

香港スプリントに出走する日本馬

香港スプリントには2頭の日本馬が出走を予定しています。

レッドファルクス

  • 性齢:牡5
  • 父:スウェプトオーバーヴォード
  • 母父:サンデーサイレンス
  • 予定騎手:M.デムーロ
  • 調教師:(美浦)尾関知人
  • 主な勝ち鞍:スプリンターズS(G1)
  • 前走:スプリンターズS 1着

前走のスプリンターズSでG1初制覇。
3連勝中で勢いがありますが、ロードカナロア以外が通用していない香港スプリントでは少々厳しいと予想します。

ビッグアーサー

  • 性齢:牡5
  • 父:サクラバクシンオー
  • 母父:Kingmambo
  • 予定騎手:福永祐一R.ムーア
  • 調教師:(栗東)藤岡健一
  • 主な勝ち鞍:高松宮記念(G1)
  • 前走:スプリンターズS 1着

前走は消化不良なレースで惨敗。
まともにレースをしていないだけに、疲れは無いと思います。
香港で好成績を残している鞍上ということも加味して、掲示板くらいは期待できるのではないかと思います。

香港スプリントに出走する有力馬

エアロヴェロシティ(Aerovelocity)

  • 性齢:セ8
  • 父:Pins
  • 母父:Kaapstad
  • 予定騎手:Z.パートン
  • 調教師:P.オサリバン
  • 主な勝ち鞍:高松宮記念(G1)
  • 前走:ジョッキークラブスプリント(G2) 3着

日本でもおなじみの地元香港の快速馬。
前哨戦は3着でした。さすがに衰えが見え始めた感もあります。

ノットリスニングトゥミー(Not Listenin’ToMe)

  • 性齢:セ6
  • 父:Dylan Thomas
  • 母父:Encosta de Lago
  • 予定騎手:H.ボウマン
  • 調教師:J.ムーア
  • 主な勝ち鞍:ジョッキークラブスプリント(G2)
  • 前走:ジョッキークラブスプリント(G2) 1着

前哨戦で人気薄の評価を覆す勝利。
本番でもし人気するようなら思い切って消してみてもいいかも。

ラッキーバブル(Lucky Bubbles)

  • 性齢:セ5
  • 父:Sebring
  • 母父:Hussonet
  • 予定騎手:B.プレブル
  • 調教師:K.W.ルイ
  • 主な勝ち鞍:プレミアボウル(G2)
  • 前走:ジョッキークラブスプリント(G2) 1着

ここ2走続けてエアロヴェロシティに先着しています。
レーティングもトップタイで要注目。

ペニアフォビア(Peniaphobia)

  • 性齢:セ5
  • 父:Dandy Man
  • 母父:Great Commotion
  • 予定騎手:S.デソウサ
  • 調教師:A.S.クルーズ
  • 主な勝ち鞍:香港スプリント(G1)
  • 前走:ジョッキークラブスプリント(G2) 7着

前年の香港スプリントの覇者。
前哨戦も7着に敗れるなど近走不振。

アメージングキッズ(Amazing Kids)

  • 性齢:セ5
  • 父:Falkirk
  • 母父:Rhythm
  • 予定騎手:J.モレイラ
  • 調教師:J.サイズ
  • 主な勝ち鞍:ナショナル・デイ・カップ(G3)
  • 前走:ジョッキークラブスプリント(G2) 5着

目立った実績はないですが、デビュー以来15戦全てで5着以内を外していない堅実な馬です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました