馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

中央競馬

近藤英子と音無英孝

投稿日:

ダービーを回避してラジオNIKKEI賞に参戦してきたアンビシャス。
トップハンデの馬はこのレースでは不振でしたが、ハンデなんて関係ない完勝でした。

2015-ラジオNIKKEI賞5日の福島11Rで行われた第64回ラジオNIKKEI賞(3歳オープン、GIII、芝1800メートル、16頭立て、1着賞金=3700万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気アンビシャス(牡、栗東・音無秀孝厩舎)が中団追走から楽々と抜け出して完勝。重賞初制覇を果たした。タイムは1分46秒4(良)。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20150705/ope15070515570010-n1.html

C.ルメール 福島競馬場初参戦

今年からJRAの騎手になったC.ルメール騎手にとっては、今回が初めての福島競馬場でした。
これまではこの時期に乗ることがなかったし、福島で騎乗する機会もありませんでした。

この日は、メインのラジオNIKKEI賞も含めて勝の活躍でした。

近藤英子と音無英孝

アンビシャスを所有するのは近藤英子氏、管理するのは音無英孝調教師。
この組み合わせでは、重賞通算16勝目になりました。

近藤英子

近藤英子氏は「アドマイヤ」の冠名でお馴染の近藤利一氏の奥様。

夫婦で馬主ですが、馬の購入ルートも違えば、預託する調教師も異なり、馬名には冠名を使わないなど、馬についてはそれぞれの活動をしています。

かつて利一氏が所有していたミラクルアドマイヤが引退する際に、
「あなたが要らないなら譲ってくださる?」
といって譲ってもらい種牡馬入りさせたところ、カンパニーを輩出するなど大活躍。

利一氏が、所有する繁殖牝馬に種を付けたいと願い出ると
「元オーナーなので安くしておきますよ。」
と言ったとか。

なかなか逞しい奥様ですね。

音無英孝

音無英孝調教師は、ちょっと変わった経歴を持っていることでもお馴染。

中学卒業
 ↓
コックとして3年働く
 ↓
競馬ファンだから騎手になる
 ↓
ノアノハコブネでオークス制覇
 ↓
引退後、調教助手→調教師になる

現在は多くのオープン馬を抱える一流調教師ですが、ここまでの地位に登りつめる過程において、小田切有一氏の次に近藤英子氏の存在は大きかったと思います。





-中央競馬
-, ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.