ダグラス・ホワイトの活躍は期待できるのか?

久しぶりに香港のD.ホワイト騎手が短期免許を取得して来日します。

ダグラス・ホワイト騎手のプロフィール

ダグラス・ホワイト騎手(Douglas Whyte)
免許期間
7月16日(土)~8月14日(日)
プロフィール
1971年 11月15日 南アフリカ生まれ
身長167cm 体重53kg 血液型O型
1987年 南アフリカ騎手免許取得
1996年 香港騎手免許取得
2013/14年シーズン 570戦88勝(香港3位)
2014/15年シーズン 599戦74勝(香港3位)
2015/16年シーズン 521戦36勝(香港7位)
主なG1勝鞍(2013/14年シーズン以降)
2013/14年シーズン 香港カップ、香港マイル(以上香港)
2014/15年シーズン 香港チャンピオンズ&チャターカップ(香港)、キングストンタウンクラシック(オーストラリア)
短期免許実績
2011年以降なし
※ JRA全成績 316戦50勝(重賞2勝)
身元引受調教師
池江 泰寿(栗東)
契約馬主
吉田 勝己 氏
http://www.jra.go.jp/news/201607/071301.html

これまで何度も短期免許で来日し、重賞を制するなど活躍してきました。
特に、北海道シリーズでは、高い勝率で多くの結果を残しています。

ダグラス・ホワイトの騎乗

良い結果を残している一方、悪い結果として、これまでも多くの制裁を受けています。
代表例は、2010年の天皇賞(秋)。
ジャガーメイルに騎乗し、強引な騎乗をしたことで、多くの馬たちが巻き込まれました。
さて、D.ホワイト騎手が今回の来日で結果を残せるかどうか。
香港ではこれまでトップジョッキーとして活躍してきましたが、今シーズンはJ.モレイラ、Z.パートンの台頭もあり、成績がやや落ちていますが、問題はないと思います。
J.モレイラ、K.ティータンと共に、この夏は香港ジョッキーが北海道シリーズで存在感を見せつけそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました