福永祐一

中央競馬

情を捨ててG1を獲りに行った藤岡健一調教師

サクラバクシンオー産駒のビッグアーサーが、高松宮記念を従来のレコードタイムを大幅に塗り替える時計で勝利。 重賞初制覇をG1の舞台で飾りました。 27日の中京11Rで行われた第46回高松宮記念(4歳上オープン、GI、芝1200メートル、18頭...
中央競馬

福永祐一が日本ダービーを制する日

ドゥラメンテに次いで支持を集めると思われるリアルスティール。 鞍上には福永祐一騎手が予定されています。 福永祐一と日本ダービー 福永騎手は、今年でデビュー20年目。 既にGⅠも18勝(海外・地方含む)していて、実績面では文句なしのトップジョ...
海外競馬

ステファノス、香港のクイーン・エリザベス2世Cで2着

香港に遠征した日本のステファノスが2着と大健闘しました。 日本馬のクイーン・エリザベス2世Cでの成績 クイーン・エリザベス2世Cは過去に日本馬の好走が目立つレースです。 2002年 エイシンプレストンとアグネスデジタルのワンツー。 2003...
中央競馬

未だに健在なブライアンズタイム産駒

未だに健在なブライアンズタイム産駒 GⅠ馬が4頭集結した好メンバーが揃った阪神牝馬S。 ヴィクトリアマイルに向けて復活が期待される実績馬たちを尻目に、連勝中のカフェブリリアントが勢いのまま3連勝で重賞初制覇を飾りました。 11日の阪神1...
中央競馬

サトノクラウンの父「Marju」とは?

皐月賞のトライアルである第52回 弥生賞は、2番人気のサトノクラウンが重賞連勝で快勝。 無傷の3連勝で本番に駒を進めることになりました。 第52回弥生賞(8日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・内2000メートル、1...
中央競馬

大物誕生?リアルスティールの素質

注目馬の集まった共同通信杯は、3番人気のリアルスティールが新馬戦から連勝で重賞初制覇を飾りました。 牡馬クラシック戦線に新星誕生だ。好位のインで折り合った3番人気のリアルスティールが直線で馬群をきれいにさばき、ゴール前で外から末脚を伸ば...
海外競馬

福永祐一騎手が、香港のインターナショナル・ジョッキーズCSで優勝!

香港で行われた騎手招待競走「2014ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」で、日本から招待された福永祐一騎手が見事優勝をしました。 香港騎手招待競走「2014ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオン...
中央競馬

同期の騎乗で重賞初勝利を決めた、高橋亮調教師

CBC賞は4番人気の牝馬トーホウアマポーラが差し切り勝ちを決め、管理する高橋亮調教師が、調教師として重賞初勝利を飾りました。 騎乗した福永祐一騎手は、高橋調教師の競馬学校時代の同期で、初勝利もこの馬で福永祐一騎手騎乗でした。  6日の中京1...
タイトルとURLをコピーしました