サトノクラウンの父「Marju」とは?

皐月賞のトライアルである第52回 弥生賞は、2番人気のサトノクラウンが重賞連勝で快勝。
無傷の3連勝で本番に駒を進めることになりました。

2015-弥生賞
第52回弥生賞(8日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・内2000メートル、1着本賞金5200万円、1~3着馬に皐月賞の優先出走権=出走11頭)福永祐一騎乗の2番人気サトノクラウンが、中団から力強く抜け出してデビューから3連勝を飾り、皐月賞(4月19日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。重賞2勝目で、タイム2分1秒8(稍重)。4番人気で2着のブライトエンブレム、10番人気で3着のタガノエスプレッソも皐月賞切符をゲット。1番人気シャイニングレイは7着だった。

 

 

サトノクラウンの父「Marju」

勝ったサトノクラウンは完璧なレース運びで3連勝。
本番でも確実に人気になってくると思います。
このサトノクラウンの父である「Marju」。
あまり見かけない名前ではあります。
パッと見、モンジュー(Monjyu)の誤植と間違えてしまいそうです。
そこでMarjuについて、少し調べてみました。

Marjuの血統

Marjuの父は日本でもお馴染みのラストタイクーン(代表産駒にアローキャリーやオースミタイクーンなど)。
母父のArtaiusは、産駒にオースミロッチがいますが、ブルードメアサイアーとして日本での活躍馬は特にいません。
Marjuの姉であるSalsabil(父・Sadler’s Wells)は、90年ぶりに牝馬で愛ダービーを制した名牝(他にも英1000ギニー、英オークスの2冠など)。
日本に縁のあるところだと、産駒のサプレザが2009~2011年のマイルCSに出走しています。
また、Marjyuの妹であるDanse Royale産駒のロイヤルウエストは、日本で走り後に原口牧場で種牡馬入り。
産駒は少なくほとんど活躍しておりませんが、現役種牡馬です。

Marjuの現役時の成績

Marjuは、1991年のセントジェームズパレスSの覇者。
GⅠはこの1勝のみですが、英ダービー2着の実績もあります。
Marjyuの競走成績はこちら。

Marjuの繁殖実績

日本で登録された産駒は、サトノクラウンを含めて3頭しかいません。
ですが、日本に馴染みの深い代表産駒として、1999年のジャパンCで2着するなど何度も来日した香港のインディジェナスがいます。
インディジェナスの活躍した時期を考えると、かなりの高齢種牡馬であることが分かります。
この年齢でクラシックの有力馬を輩出した例はあまりないと思います。

コメント

  1. […] でした。Marjuについて詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら、こちらのブログで詳しく解説されていますので是非参考にされてみて下さい。(→参考http://keiba.morelents.com/2015-yayoisyo/) […]

タイトルとURLをコピーしました