馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

中央競馬

ハルーワスウィートの一族

投稿日:

G1馬が多数集結したジャパンカップは、G1未勝利のシュヴァルグランがこの大舞台でG1初制覇を飾りました。

2017-JC日本のトップホースと世界の強豪が激突するJRA秋の大一番、第37回ジャパンカップが26日、東京2400メートル芝を舞台に争われ、ヒュー・ボウマン騎乗の5番人気シュヴァルグラン(牡5=栗東・友道厩舎、父ハーツクライ)が優勝。好位4番手から馬場の真ん中を力強く突き抜け、初のGIビッグタイトルを手中にした。良馬場の勝ちタイムは2分23秒7。

 元メジャーリーガーの大魔神こと佐々木主浩氏がオーナーのシュヴァルグランは、今回の勝利でJRA通算22戦7勝、重賞は2016年GII阪神大賞典、同年GIIアルゼンチン共和国杯に続く3勝目。オーストラリアから短期免許で来日中のボウマンは嬉しいJRA・GI初勝利となり、同馬を管理する友道康夫調教師はジャパンカップ初勝利となった。
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201711260003-spnavi

シュヴァルグランの母はハルーワスウィート。
姉ヴィルシーナ、妹ヴィブロスと同じく、佐々木主浩氏の所有馬です。

佐々木氏とハルーワスウィートの関係は、ヴィブロスの秋華賞のときに書いたので省略。

大魔神佐々木主浩の馬主としての運の良さ

さて、今回の勝利でハルーワスウィートは3頭目のG1馬を輩出したことになりました。
3頭のG1馬を輩出した繁殖牝馬は、近年ではダンシングキイ(ダンスパートナー、ダンスンインザダーク、ダンスインザムード)がいる程度。

いかに優秀な繁殖牝馬であるかが良くわかります。

残念ながらハルーワスウィートは受胎率が良くないようで、ヴィブロス以降は不受胎か流産で産駒が誕生していません。
今後4頭目のG1馬の誕生はなるか?
すべては、まずは無事に受胎してくれれば・・・というところですね。





-中央競馬
-, ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.