馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

中央競馬

驚愕の2,000万馬券

投稿日:

ストレイトガールが初GⅠ制覇を飾ったことや、ヌーヴォレコルトの凡走よりも、ミナレットの激走と3連単の配当¥20,705,810に話題が集まってしまいました。

2015-ヴィクトリアマイル春の古馬牝馬女王を決める一戦は、18頭が出走し、5番人気のストレイトガール(戸崎)が直線で鮮やかに抜け出しG1初制覇。頭差の2着は2番手から進めた12番人気のケイアイエレガント、3着は逃げた最低18番人気のミナレットが粘って、3連単は2070万5810円。08年秋華賞の1098万2020円を大きく上回り、3連複も286万480円とともに、G1史上最高配当の大波乱となった。

 1番人気のヌーヴォレコルトは6着、2番人気のディアデラマドレは7着、3番人気のレッドリヴェールは4着だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00000113-sph-horse

リピーターレース

勝ったストレイトガールは去年の3着馬。
去年は直線で前が壁になる不利もありましたが、今年は前がキレイに空きました。

このレースは、去年のヴィルシーナや、3年前のホエールキャプチャなど、過去の好走馬が再び激走します。
それも、前走どれだけ惨敗してても関係なく巻き返してきます。

そういう点では、ストレイトガールは過去の好走馬であり、前走の高松宮記念で1番人気10着からの巻き返し組。
好走の条件は整っていました。

それでも最後の直線での末脚はお見事。
戸崎圭太騎手は前日の京王杯SCに続く連日での重賞制覇となりました。

展開のアヤ

スローペースを味方にしたケイアイエレガントが2着。
あわやのところで差し切られてしまいましたが、見せ場たっぷりでした。
吉田豊騎手は、大久保洋吉調教師引退後にフリーになってから、1100勝も挙げて好調ですね。

現在は尾形充弘厩舎の馬に多く騎乗していて、このコンビでかなり馬券になっています。

人気のヌーヴォレコルト、ディアデラマドレは良いところなく惨敗。
2頭とも展開に泣いた感は否めません。

ヌーヴォレコルトはこれまで崩れたことがなかっただけにこの敗戦は残念。
ただ、距離もマイルはやや短い感もしました。
次走は宝塚記念に向かうようなので、人気落ちするようなら怖いかも。

ディアデラマドレは前走の上がり31.9秒を信用してはいけなかったということでしょう。

2015-victoriamile2

ミナレットと江田照男

大波乱となったヴィクトリアマイルは、GⅠ歴代最高配当を記録。
JRA全競走でも2位の記録となりました。

波乱の立役者となったミナレットと江田照男。
実はどちらも生粋の穴馬と穴男でした。

江田照男の穴馬券

江田照男の穴馬券については特に説明不要でしょう。

これまで、ダイタクヤマトやアメリカンボスといった単勝万馬券の馬たちに騎乗し、GⅠで馬券に絡んできました。
怒り新党の新3大○○で、「新3大 江田照男の穴馬券」として取り上げられるなど、競馬ファンなら誰しもが知るところ。

絶妙なペースの逃げで、今回は久しぶりに穴男の健在っぷりを見せつけられました。

ミナレットの穴馬券

ハートを刺繍したメンコが特徴的なミナレット。

今回のヴィクトリアマイルで歴代2位の配当を記録した立役者となったのですが、実は歴代1位の記録もミナレットが保持しています。
http://www.jra.go.jp/datafile/haraimodoshi/

歴代1位は、2012年8月4日のメイクデビュー。
14番人気1着(単勝オッズ 121.9倍)となったミナレット。

2着が同着(ヘイハチピカチャン、ファイヤーヒース)となったため、3連単が2通りになったにも関わらず、その配当は驚きの ¥29,832,950。
もう1通りも、¥14,916,520を記録したこともあり、歴代ベスト10にはミナレットの名前が3ヶ所に載っています。

ミナレットと江田照男。
まさに稀代の大穴コンビなのでした。





-中央競馬
-, ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.