馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

中央競馬

怪我と騎乗停止を乗り越えての、C.ルメール

投稿日:2015年4月6日 更新日:

怪我と騎乗停止を乗り越えての、C.ルメール

ダービー馬キズナをはじめ6頭のGⅠ馬が集まった大阪杯。
イスラボニータの回避は残念でしたが、注目の1戦となりました。

2015-大阪杯5日の阪神11Rで行われた第59回産経大阪杯(4歳上オープン、GII、芝2000メートル、14頭立て、1着賞金=6500万円、1着馬に天皇賞・春の優先出走権)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の4番人気ラキシス(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が差し切り勝ち。3月にJRA騎手免許を取得したルメール騎手は、これがJRA騎手としての初勝利となった。タイムは2分2秒9(不良)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00000525-sanspo-horse

牝馬・ラキシス

ラキシスは去年のエリザベス女王杯の勝ち馬
去年はオールカマー2着や、有馬記念で僅差の6着に好走するなど、牡馬相手にも引けを取らない実力は証明していました。

例年豪華メンバーが集う大阪杯。
今年で59回目という歴史を重ねたレースで牝馬が制したのは、6頭目となりました。

1958年 カツラホマレ 大根田裕也
1962年 スギヒメ 諏訪真
1968年 ヤマピツト 池江泰郎
1998年 エアグルーヴ 武豊
2008年 ダイワスカーレット 安藤勝己

顔ぶれを見ても、非常に価値の高い1勝だったと思います。

敗れたGⅠ馬たち

キズナ

骨折から復帰して2戦目となったキズナは2着。
この馬場はあまり向かないタイプだと思うので、良く頑張ったと思います。
前走の京都記念より馬体も絞れていたので、順調に復調していっているのではないかと思います。

ロゴタイプ

中山金杯、中山記念と復調気配ではありましたが、この馬場は合わないのでしょう。
札幌記念でもそうであったように、天候と馬場に影響されやすい馬ですね。

あらためてのデビュー C.ルメール

この勝利がJRA免許取得後初勝利となったC.ルメール。

去年11月の落馬事故から復帰し、いざデビューを迎える矢先のTwitter問題での騎乗停止
後者は本人の責任ではありますが、これらを乗り越えての勝利でした。

インタビューでは通訳を介さずに日本語で受け答えをしていました(一部通訳に確認をしていましたが)
まだ、M.デムーロほど流暢ではありませんが、このレベルのトップジョッキーがここまで努力しているのは、凄いことだと思います。

ミルコも阪急杯を制しましたが、2人とも免許取得後に即重賞を勝ってしまうあたり、馬の質もあると思いますが、実力と運を兼ね備えていることを改めて感じました。

今後の外国人JRA騎手の可能性

おそらく、今後外国人騎手がJRAのジョッキーになるということは、しばらく無いと思います。

他の短期免許で来ている騎手たちはその気が無さそうだし、10年くらい乗りに来て実績を残して、初めてスタートラインに立てるような雰囲気があるように感じます。
そういった意味で、可能性がありそうのは、あと数年後のC.デムーロくらいでしょう。
もっとも現在の本人はその気がないようですが。

それでも、相撲の番付のような状態になるのは、そう遠くない未来なのではないかと思います。

-中央競馬
-, ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.