馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

その他

新春BIG対談 2015

投稿日:2015年1月6日 更新日:

新春BIG対談 2015

bigtaidan
グリーンチャンネルの年始特番として恒例になっている「新春ビッグ対談」。
この番組は、社台グループの吉田照哉氏とビッグレッドファームの岡田繁幸氏の日本の生産界における2大巨頭による番組です。
(対談と名乗っていますが、基本的には進行役の庄司典子さんが2人に話を降る形式です)

個人的には、競馬について楽しそうに語る2人を毎年楽しみにしています。

番組の内容について、全文書き起こしはさすがに良くないと思うので、面白いポイントだけ切り取ってみようかと思います。

発言集

岡田「吉田勝己さんにショートメールを送ってしまった」

エピファネイアが制したジャパンCのレース後に、生産者である吉田勝己氏に「本当にすごい」とショートメールを送った。

勝己氏から「俺は前からそう思っていた」と返信が返ってきて、「吉田兄弟は似ている。馬に自信を持っている。」と思った。

吉田「日本はスタート直後に落馬が多すぎる。」

ゲート扉が透けており、馬の視界が良すぎるため落馬が多いのではないか?。

岡田「(2歳時のジャスタウェイについて)息子に種馬の交渉をすればどうだ、と声を掛けた」

新馬、新潟2歳を見た時に強いと思ったので、その時点で息子に種馬の交渉をすればどうだ、と声を掛けた。当時、息子の返事はなかった。

その後にクラシックで負け続け、正直買わなくて良かったと思ったが、天皇賞からぶっちぎり、素質が開花したことに驚いた。種馬としても成功すると思う。

吉田「(凱旋門賞の乗り方について)エビショー(蛯名正義騎手)は上手い」

トリッキーなコースであるため、日本人騎手はどうしても経験が足りず乗り難しいが、蛯名騎手は良く理解している。

岡田「2年連続ダービーを勝つということはすごいこと」

ワンアンドオンリーは卓越した馬ではないが、それを勝たせるのは騎手や厩舎の力。

吉田「(プレイアンドリアルが地方所属でクラシック戦うことについて)欲が深すぎるんだよね」

わざわざ公営競馬に置いてダービーを勝とうとするのは欲が深すぎるんだよね。2つハードルを超えなければならなくなってしまう。

吉田「(スピルバーグについて)休養期間が長いのは、調教師がそういう方針だから」

良く言えば大事に使ってくれる、こちらからするとちょっと物足りない。

東京得意と言われているけど、ほとんど東京しか使っていない。

賞金は大したことはないが、プリンスオブウェールズSを使いたいらしい。調教師にはうまくやってほしい。

吉田「(怪我したルメールについて)おかげで日本語の勉強ができているみたい」

ルメールの怪我は結構ひどく、手術でボルトを7つ入れた。
今では痛みもなくリハビリも始めている。

吉田「(柴田大知は)岡田さんのところの騎手だから遠慮してしまう」

社台の馬にも乗って欲しいけど、岡田さんのところの騎手という感じだから遠慮してしまう。

吉田「アッシュゴールドは、いずれもっと走ってくる」

まだこれからの馬では、コンテッサトゥーレを推したい。

吉田「(新種牡馬では)ヴィクトワールピサ、ワークフォースに期待したい」





-その他
-,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.