京都2歳Sっていつの間に重賞になってたのね

今年からGⅢ格付けされた第1回ラジオ京都2歳Sは、今週から来日中のW.ビュイック騎手騎乗のベルラップが連勝で重賞初勝利を飾りました。

勝者と敗者

ベルラップについて

直線ダノンメジャーの進路を塞いで審議の対象になってしまいお粗末な結果になりましたが、内容は悪くなかったかと思います。
ハーツクライ産駒で須貝尚介厩舎。
明日のジャパンCに出走するジャスタウェイと同じ組み合わせです。

ティルナノーグについて

単勝1.5倍の圧倒的人気に推されましたが、全く見せ場なく7着。
この馬場は向かなかったということもあると思いますが、それにしても負けすぎ。
前走の勝ちっぷりが良かっただけに期待度も高かったですが、案外なのかもしれません。
そもそも、前走の紫菊賞で負かしたトーセンバジルはハービンジャー産駒。
ハービンジャー産駒は全般的に勝ち上がりは良いけど2勝目がみんな遅い。
今回のティルナノーグは過剰人気だったのでしょう。
武豊でノースヒルズの勝負服だと、キズナのイメージでみんな期待してしまうのでしょうし。
 

 

京都2歳Sが重賞なのが疑問

今年からGⅢになった京都2歳S。
アルテミスS、いちょうS(来年からサウジアラビアロイヤルカップに改称)など最近は2歳重賞が増えています。
そもそもこの時期には東京スポーツ杯2歳Sやデイリー杯2歳Sもあるのに、こんなに重賞は必要なのでしょうか?
京都2歳Sはこれまでのオープン特別時代に、後の出世馬を輩出してはいますが、こんな小頭数になるくらいなら重賞にする必要なんか無かったのではないかと思ってしまいます。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました