凱旋門賞の煽りを受けた?ミッドナイト競輪

凱旋門賞の売上

JRAにより初めて馬券が発売された凱旋門賞。
売上は当初の目標であった4〜5億円を大きく上回る41億8599万5100円という結果でした。
この発売をするにあたり、JRAが特設ホームページを開設したり、グリーンチャンネルが事前番組を放送するなど、力を入れていたと思うので、そういった努力が実を結んだものだと思います。

ミッドナイト競輪の売上

この凱旋門賞の煽りを大きく受けたのではないかと思われるのが、ミッドナイト競輪です。

ミッドナイト競輪とは

競輪は、数年前から小倉競輪場を皮切りに、夜間からレースを開始する開催を始めました。
施行者にとっては、無観客でインターネット発売に限定しているため、場内の警備費や車券売場の人件費などがかからないというメリットがあります。
そして、他の公営競技はレースを実施していない時間帯であるため、ライバル不在でギャンブラーを抱え込むことができます。
年月を重ねるに連れて徐々に浸透していき、現在では1日の売上も安定してきました。
そんなミッドナイト競輪にとって、今回の凱旋門賞はとてつもなく大きなライバルでした。


ミッドナイト競輪の売上比較

小倉開催のミッドナイト競輪のメインレース(小倉7R)売上を比較してみました。

9/25(日)
初日
9/26(祝)
2日目
9/27(火)
最終日
10/1(土)
初日
10/2(日)
2日目
10/3(月)
最終日
¥27,272,200 ¥32,340,200 ¥27,272,200 ¥26,330,900 ¥22,844,500 ¥33,043,000

凱旋門賞が行われた10/2の売上が下がっていることが分かります。
レース自体は凱旋門賞の発走後に行われているにも関わらず、です。
凱旋門賞と比較すると額は小さいですが、1日の売上が1億前後のミッドナイト競輪にとっては、影響は小さくないと思います。

今後の海外レース馬券発売の影響・・・

購買層がどこまで重なっているか分からないし、今回は初回だったということもあるので、今後どこまで影響するかは未知数の部分はありますが、ミッドナイト競輪にとって、海外レースの馬券発売は今後も大きな存在となりそうです。
(ただし、直近で予定されている香港やオーストラリアのレースであれば、発走時刻が夜間でないため、大きな影響は受けないと思いますが)

コメント

  1. […] 凱旋門賞の煽りを受けた?ミッドナイト競輪凱旋門賞の売上JRAにより初めて馬券が発売された凱旋門賞。売上は当初の目標であった4〜5億円を大きく上回る41億8599万5100円という結果でし […]

タイトルとURLをコピーしました