ブリーダーズスタリオンステーションを見学してきました その2

ブリーダーズスタリオンステーションで会ってきた種牡馬たちを紹介します。
前半はこちら。
http://keiba.morelents.com/2016-tour-bleeders1/

ブラックタイド

菊花賞馬キタサンブラックを輩出。
人気も種付け価格も上昇して、もはやディープインパクトの兄とは言わせないくらいの勢いです。
(それでもディープと10倍くらいの差がありますが・・・)
ブラックタイド

トーセンホマレボシ

ディープインパクト産駒最初の種牡馬。
なかなか産駒の活躍が奮わず、厳しい状況です。
トーセンホマレボシ

トーセンジョーダン

父ジャングルポケットと共に ここに繁養されています。
トーセンジョーダン

ジャングルポケット

産駒のトーセンジョーダンと共に ここに繁養されています。
親子で癖など似ているところがあるようです。
ジャングルポケット

ヴァーミリアン

エルコンドルパサーの貴重な後継種牡馬。
ヴァーミリアン

シビルウォー

ウォーエンブレムの貴重な後継種牡馬。
ウォーエンブレムは既に種牡馬を引退して帰国しているだけに、なんとか活躍に期待したいです。
シビルウォー

ナカヤマフェスタ

凱旋門賞2着馬。
父ステイゴールドの後継種牡馬として名を残して欲しいです。
ナカヤマフェスタ

スウェプトオーバーボード

スウェプトオーヴァーボード

アサクサキングス

種付け頭数が徐々に減ってきています。
産駒のメゾンリーに期待。
アサクサキングス

サイレントディール

「種牡馬」兼「あて馬」。
今でも僅かながら需要があるようで、種牡馬は引退していません。
サイレントディール

コメント

タイトルとURLをコピーしました