記録にも記憶にも残るゴールドシップ

ゴールドアクターが制した有馬記念後、1頭の名馬の引退式が行われました。
ゴールドシップです。

ゴールドシップの引退式

ゴールドシップの引退式では、ゴールドシップ陣営の関係者をはじめ、これまで騎乗した内田博幸騎手、横山典弘騎手、岩田康誠騎手も参加しました。
須貝調教師や内田騎手が涙ながらにコメントするのに対して、横山騎手が笑いを誘うコメントをしていたのが印象的でした。
引退式のコメント、映像はJRAの公式ホームページで見ることが出来ます。
http://www.jra.go.jp/news/201512/122705.html

ゴールドシップに会うには

ゴールドシップはこの後、ビッグレッドファームで種牡馬入りします。
ビッグレッドファームは、一般客の見学に対して開放的であるため、おそらく種付けシーズンを避ければゴールドシップに会うことができると思います。
(私も2014年2015年にビッグレッドファームに行ってきました)
果たしてゴールドシップは種牡馬としてどこまで活躍できるのか?
ステイゴールド×メジロマックイーンはオルフェーヴル、ドリームジャーニー兄弟というライバルがいますが、日高を盛り上げるためにも、期待をしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました