馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

POG

POG2015 新種牡馬たち

投稿日:2015年5月16日 更新日:

2015年のPOGの個人的な注目馬を挙げていきます。
今年の新種牡馬を産駒数とともに紹介します。

2015年 新種牡馬一覧

馬名 父名 産駒数
カジノドライヴ Mineshaft 126
ワークフォース キングズベスト 124
ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース 102
ベーカバド Cape Cross 77
ナカヤマフェスタ ステイゴールド 72
ダノンシャンティ フジキセキ 67
キャプテントゥーレ アグネスタキオン 52
ドリームジャーニー ステイゴールド 36
アサクサキングス ホワイトマズル 29
アンライバルド ネオユニヴァース 23
ビービーガルダン チーフベアハート 23
エーシンフォワード Forest Wildcat 12
サンライズバッカス ヘネシー 10
サクラメガワンダー グラスワンダー 7
バンブーエール アフリート 7
ミリオンディスク アフリート 7
トーセンイマジゲン アグネスタキオン 2
トーセンモナーク アグネスタキオン 1
エクラヴァンクール フォーティナイナー 1
オウケンマジック タニノギムレット 1

産駒数1位 カジノドライヴ

産駒数1位は以外にもカジノドライヴ。
種付け料の安さと、ダートで走った実績が考慮されてのものだと思われます。

サンデーサイレンス系

産駒数ベスト10のうち、サンデーサイレンス系が6頭。
カジノドライヴと輸入種牡馬を除くと、唯一の非サンデーであるアサクサキングスも、自身の母父はサンデーサイレンス。
次いで非サンデーのビービーガルダンは、この年の種付け料が無料(Free)でした。

いかにサンデー系が溢れているかを証明している気がします。

エクラヴァンクール

なお、新種牡馬最初の勝ち上がりは、産駒が1頭のみであるエクラヴァンクールでした。

14日、道営競馬でJRA認定フレッシュチャレンジ2歳牝馬新馬戦(1200m)が行われ、2番人気で岩橋勇二騎手騎乗のランランランが1分14秒4で圧勝。同馬の父エクラヴァンクールは、今年から産駒をデビューさせる新種牡馬の初勝利となった。

 エクラヴァンクールは、フォーティナイナー直仔の11歳。現役時代は中央、地方で15戦3勝(中央競馬3戦0勝)。初年度の血統登録は、ランランラン1頭のみだった。
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=98316





-POG

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.