POG2014 個人的注目馬 その2

2014年のPOGの個人的な注目馬を挙げていきます。
第2弾として、活躍した牝馬の初年度産駒となる馬をピックアップします。
 

 

ミンナノプリンセス 牝

コマンズ
カワカミプリンセス
主な兄弟 なし
厩舎 西浦勝一
生産者 三石川上牧場
馬主 ターファイトクラブ

オークス、秋華賞の2冠牝馬。父はコマンズ。
生産者の川上牧場さんは、母と同じ西浦調教師に預けることを条件にターファイトに売却したとのこと。
ちなみに一口10万円(500口)で募集されていました。
出資者が一番思っているでしょうが、この名前はどうにかならなかったものかと…。
 

レジメンタル 牡

ハービンジャー
レジネッタ
主な兄弟 なし
厩舎 浅見秀一
生産者 追分ファーム
馬主 G1レーシング

桜花賞馬の初年度産駒も新種牡馬であるハービンジャー産駒。
こちらも、母と同じ浅見秀一厩舎に入厩しました。
G1レーシングはこの世代が4頭目。毎年勝ち上がり率が高いため、POG的には注目。
一口150万円(40口)で募集されていました。
 

エバーハーモニー 牡

キングカメハメハ
リトルアマポーラ
主な兄弟 なし
厩舎 藤岡健一
生産者 社台コーポレーション白老ファーム
馬主 社台レースホース

ポルトフィーノが落馬したエリザベス女王杯の勝ち馬リトルアマポーラの産駒。
リトルアマポーラはエリ女の棚ボタのイメージが強いですが、クラシックの期待が高かった馬だけに、この馬もそれなりに期待を集めそう。
一口150万円(40口)で募集されていました。
 

テイエムキュアオウ 牡

ディープスカイ
テイエムプリキュア
主な兄弟 なし
厩舎 五十嵐忠
生産者 タニグチ牧場
馬主 竹園正繼

名前も競走成績もレースっぷりもインパクトのあった同馬。母と同じ五十嵐忠厩舎に入厩しました。
既にゲート試験も合格していて、デビューに向かって順調のようです。
母にも騎乗していた荻野琢真騎手がブログでこの馬についてコメントしています。
 

ルーチェスプマンテ 牝

マンハッタンカフェ
クィーンスプマンテ
主な兄弟 なし
厩舎 小島茂之
生産者 社台ファーム
馬主 グリーンファーム

母はエリザベス女王杯でテイエムプリキュアと共にあっと言わせたクィーンスプマンテ。
母と同じ、小島茂之厩舎に入厩です。
グリーンファームでは、一口8万円(200口)で募集されていました。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました