3歳馬が天皇賞(秋)で好走するための条件とは?

秋の中距離路線にとって、重要なG1競走である天皇賞(秋)。
古馬にとって重要なレースではありますが、3歳馬の挑戦もあります。

そこで、近年、天皇賞(秋)に参戦した3歳馬の成績を一覧にして、好走条件を調べてみました。

天皇賞(秋)に出走した3歳馬の成績

馬名人気結果
2019サートゥルナーリア2人気5着
ランフォザローゼス13人気15着
2017ソウルスターリング4人気6着
カデナ17人気16着
2015アンビシャス4人気5着
サトノクラウン7人気17着
2014イスラボニータ1人気3着
2013コディーノ4人気5着
2012フェノーメノ1人気2着
カレンブラックヒル3人気5着
ジャスタウェイ8人気6着
2011ペルーサ4人気2着
オウケンサクラ17人気4着
アリゼオ6人気14着
エイシンアポロン7人気17着
過去10年の天皇賞・秋に出走した3歳馬の成績

直近10年では、15頭の3歳馬が参戦して、(0、2、1、12)という成績。
この中には、1番人気に推された馬が2頭いましたが、2着が最高で未勝利です。

馬券圏内になった3頭と圏外になった馬たちを比較して、好走するための状況をピックアップしてみました。

天皇賞(秋)で馬券圏内になる3歳馬の共通点とは?

クラシック競走に出走していること

過去10年で3着以内に好走した3頭は、いずれも日本ダービー出走馬でした。

それより過去の好走馬を見ても、ディープスカイ、アドマイヤムーン、ダンスインザムードといずれもクラシック出走馬でした。

クラシック未出走の馬の場合、カレンブラックヒルなど人気に推されて応えられないケースもありました。

関東馬であること

過去10年で好走した馬たちは、なぜか3頭とも関東馬。
それ以前の前述の好走馬たちも、関東馬が多いです。

もしかしたら、関西の3歳馬には遠征が堪えるのですかね?

関西馬で3着に好走したアドマイヤムーンは、札幌記念以来のレースだったので、関西の3歳馬であれば休み明けならワンチャンスあるかもしれないですね。

4勝以上していること

条件は問わず、しっかりとキャリアがある馬でないと好走できていません。

G2やG3を1勝しただけの賞金で出走してくる馬では好走できないようで、4勝以上しているということが一つの目安になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました