高松宮記念

中央競馬

アドマイヤムーン産駒は、なぜ短距離馬ばかりなのか?

ビッグアーサーの回避により主役不在の混戦になった高松宮記念は、5番人気のセイウンコウセイが大舞台で初重賞勝利を決めました。 中京11Rの第47回高松宮記念(GI、4歳以上、芝1200m)は5番人気セイウンコウセイ(幸英明騎手)が勝利した。勝...
中央競馬

情を捨ててG1を獲りに行った藤岡健一調教師

サクラバクシンオー産駒のビッグアーサーが、高松宮記念を従来のレコードタイムを大幅に塗り替える時計で勝利。 重賞初制覇をG1の舞台で飾りました。 27日の中京11Rで行われた第46回高松宮記念(4歳上オープン、GI、芝1200メートル、18頭...
中央競馬

香港スプリント界の強さの秘密

電撃のスプリント戦 第45回高松宮記念は、唯一頭参戦の外国馬エアロヴェロシティが、直線先に抜けた2頭の間を割って差し切り勝ちを決めました。 29日の中京11Rで行われた第45回高松宮記念(4歳上オープン、GI、芝1200メートル、18頭立て...
タイトルとURLをコピーしました