セイウンコウセイ

中央競馬

アドマイヤムーン産駒は、なぜ短距離馬ばかりなのか?

ビッグアーサーの回避により主役不在の混戦になった高松宮記念は、5番人気のセイウンコウセイが大舞台で初重賞勝利を決めました。 中京11Rの第47回高松宮記念(GI、4歳以上、芝1200m)は5番人気セイウンコウセイ(幸英明騎手)が勝利した。勝...
タイトルとURLをコピーしました