馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

中央競馬

ステファノスがニュージーランドで種牡馬入り、また1頭ディープの血が世界へ

投稿日:2019年1月13日 更新日:

G1で3度の2着の実績があるステファノスが引退、ニュージーランドで種牡馬入りすることが発表されました。

 2014年の富士S(GIII・芝1600m)を制し、国内外のGIを3度連対したステファノス(牡8、栗東・藤原英昭厩舎)は、13日付でJRAの登録を抹消された。今後はニュージーランドで種牡馬入りする予定。

 ステファノスは父ディープインパクト、母ココシュニック、その父クロフネ。全妹かつ同厩舎に2018年のクイーンC(GIII・芝1600m)2着のフィニフティがいる血統。

 通算成績は31戦4勝(うち海外5戦0勝)。獲得賞金は4億7279万400円(うち海外1億2819万1400円)。ラストランとなった昨年の香港Cを含め4年連続で香港競馬に参加し、2015年のクイーンエリザベス2世C(香港G1)ではブレイジングスピードの2着に健闘した。
https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=149749

ニュージーランドで種牡馬入りした日本馬

日本関連の馬でニュージーランドで種牡馬入りした馬といえば、ロックドゥカンブとヤマニンバイタルがいます。
どちらも現地でG1馬を輩出するなどの活躍をしています。

ただ、この2頭は元々ニュージーランドで生産された馬ということもあり、現地に根付いた血統ではありました。
それに対してステファノスは日本産のディープインパクト産駒ということもあり、純粋な日本馬として活躍を期待したいところです。

2017/2018年 ニュージーランドのリーディングサイアー

世界で種牡馬入りしているディープインパクト産駒

ディープインパクト産駒は国内では飽和してくるだろうこと、海外からの需要があること、などもあって多くの後継種牡馬が海外へ渡っています。
私が調べただけでも、以下の馬たちが海外で繋養された実績があるようです(シャトル種牡馬を除く)

<

馬名母父繋養国備考
スマートロビンLyphardトルコ
ダノンバラードUnbridledイタリア→イギリスその後、日本で繋養
マーティンボロNureyevフランス
トーセンスターダムエンドスウィープオーストラリア
アルバートドックUnusual Heatイタリア
バロッチGiant's Causewayスウェーデン日本産海外調教馬
ダノンプラチナUnbridled's Song南アフリカ
フィエロデインヒルインド
サクソンウォーリアGalileoアイルランド日本産海外調教馬

世界を股にかけるディープインパクト

南アフリカの種牡馬事情と日本産の種牡馬

-中央競馬
-,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.