藤田伸二騎手が引退

衝撃的なニュースが入ってきました。
藤田伸二騎手が9/6(日)の騎乗をもって引退を表明しました。
UMAJINに直筆のメッセージが掲載されています。

9月6日札幌競馬最終日にて騎手人生25年間に終止符を打つことに決めました。数年前からエージェント制度の強調により、騎手の腕など関係なく成績に偏りが生じて地方や外国人ジョッキー主体の流れが強くなりました。そうすると一生懸命に調教を頑張っている連中の活躍の場もなくなり、乗るチャンスも減り昔のように ピリピリとして切磋琢磨な勝負の世界には程遠い環境になっているのが事実であります。エージェントによりリーディングの順番が年頭から決まっているような世界。何が面白いのか?
<中略>
今まで沢山のファンの皆様に応援して頂いたことは私の財産でもあり感謝の気持ちで一杯です。また違う形で恩返ししたいと思ってますので、どこかで逢いましょう。
最後になりますが、静かに引退する事は俺らしいでしょ。
http://uma-jin.net/pc/retirement_message.do

近年は成績も下降してきて、騎乗する馬も特定の厩舎に偏っていました。
自身の著書である『騎手の一分』を出版したあたりから、徐々にそういった傾向が出てきた気がします。


こういったメッセージを表明しての引退は、敵も味方もいた藤田騎手らしい気がします。
たくさんの問題も起こしてきた騎手ではありますが、トランセンド、フサイチコンコルド、ローレルゲレイロといった馬たちで大舞台での活躍をしてきたのは紛れもない事実。
まだやれる年齢だっただけに惜しい気もしますが、この人らしくて良いのでしょう。
気になる今後は分かりませんが、このような引退をするということは競馬サークルには残らないということでしょう。
かつての兄貴分であった田原成貴のようにはならないでほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました