海外競馬

あまり馴染みのないカタールの競馬

投稿日:

カタールのレースに登録をしたことでちょっと話題になった森厩舎。
この度、ユウチェンジが選出されて招待を受諾したことが発表されました。

現地時間2月22日(金曜)にカタールのアルライヤン競馬場で行われるアイリッシュサラブレッドマーケティングカップ(カタールG2)に日本馬が選出され、関係者から招待を受諾するとの連絡がありましたのでお知らせいたします。

アイリッシュサラブレッドマーケティングカップ(カタールG2)(芝1,600メートル、4歳以上)
総賞金: 200,000アメリカドル
1着賞金: 114,000アメリカドル
ユウチェンジ号(牡6歳) 栗東・森 秀行厩舎
http://www.jra.go.jp/news/201902/020403.html

日本人にあまり馴染みのないカタールの競馬。
出走すれば、日本の調教馬としては初めてのことになります。
(ユウチェンジは3年前にもUAEダービー出走していますが、500万下条件の馬とは思えない経験値ですね)

私が知っている範囲で、カタールの競馬と日本関連といえば、
・モンドインテロが去年出走に意欲を見せていたこと
・トーセンの島川隆哉氏の所有馬マクマホンがカタールダービーを勝利したこと
くらいです。

カタールの競馬は格付けこそ「パート3」国ではありますが、オイルマネーもあってか比較的高い賞金のレースが組まれているようです。
競馬場はアルライヤン競馬場の1つしかなく、開催時期も冬季のみのようですが、豊富なマネーパワーで、サッカーのように今後さらに発展する可能性がありそうです。

-海外競馬

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.