マイネヌーヴェルを振り返ってみる

追い込み馬 マイネヌーヴェル

個人的な感覚ですが、牝馬の追い込み馬というのは魅力的だと思うのです。
スイープトウショウ、ブロードアピール、古くは富士Sを勝ったトリプティックなど。
鮮やかに前を行く馬たちを颯爽と交わすこともあれば、全く伸びずに期待に応えられないこともある。
馬によっては、直線が長ければ良いわけでもないし、ペースが早ければ良いというわけでもない。
牝馬の追い込み馬というのは、どこかもどかしく放っておけないところがあると思うのです。
そんな中、個人的に印象の強いのが2003年のフラワーカップ(GⅢ)の勝ち馬であるマイネヌーヴェルです。
 

 

マイネヌーヴェルの現役時代

3歳時のマイネヌーヴェル

マイネヌーヴェルは、明け3歳の初戦としてフラワーSに出走しました。
折り返しの新馬戦と、牡馬相手にOPのホープフルSを連勝してきたのもあって、休み明けですが2番人気に推されていました。
ちなみにホープフルSでは2番手から先行して押し切る競馬をしていました。
ところが、フラワーCではとんでもない追い込みを決めるのです。
鮮やかすぎるこのレースっぷりに欲が出た陣営は、当初回避する予定であった桜花賞に駒を進めることにしました。
しかし、競馬は上手くいかないものですね。
桜花賞 10着(4人気)
オークス 11着(4人気)
と全く結果が出ず。
追い込み馬というのは難しいものです。

古馬になってからのマイネヌーヴェル

オークス後、およそ1年の休養を挟みました。
そして休養明け初戦の福島牝馬Sで、フラワーSを思い出させる追い込みを見せて2着に好走。
期待を集め次走以降も人気を集めるも、その後はやはりもどかしいレースが続く。
6走連続で連対できず、人気も落ちて出走した中山金杯にて、最速上がりで2着。
追い込み馬というのは難しいものです。
その後は、掲示板に乗ることが出来ず、暮れに引退しました。
 

マイネヌーヴェルの引退後

引退後にビッグレッドファームで繁殖牝馬となった同馬。
今年デビューを迎える予定の、マイネヌーヴェルの2012(馬名はマイネルベルセルクの予定)。
この馬が、マイネル軍団の岡田繁幸氏が大絶賛しているようです。
母が届かなかったクラシックのタイトルを獲ることは出来るでしょうか?
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました