中央競馬

最後に外国人騎手が勝てなかった日

投稿日:

C.ルメール、M.デムーロ、両騎手が正月休み明けの最初の競馬となった1月12日。
この日は珍しく、両名とも勝利がありませんでした。

去年は秋のG1は有馬記念以外を外国人騎手が勝利。
京都競馬で1~11Rを外国人騎手が勝利する、なんて日もありました。

C.ルメール、M.デムーロが通年騎乗していて、短期免許の外国人騎手が常にいるこの状況で、日本人騎手が全レースを勝利する日はあるのだろうか?
と思い、外国人騎手が騎乗しながら、勝てなかった最後の1日を調べてみました。

もしかして、C.ルメール、M.デムーロがJRAの騎手になる前まで遡るのかな?
なんて思いながら調べてみたのですが、「その日」は思ったより最近でした。

2018年4月29日。
この日は天皇賞(春)が行われた日で、外国人騎手の騎乗は京都のみでした。

R1着騎手2着騎手
1R川田将雅和田竜二
2R酒井学松山弘平
3R川田将雅M.デムーロ
4R松若風馬M.デムーロ
5R川田将雅藤岡佑介
6R松山弘平C.ルメール
7R川田将雅岩崎翼
8R池添謙一国分恭介
9R松山弘平M.デムーロ
10R和田竜二岩田康誠
11R岩田康誠H.ボウマン
12R松若風馬四位洋文

この日は、川田4勝、松若2勝、松山2勝と栗東の騎手たちが頑張ったようです。
この先、日本人騎手だけが勝利する日はいつ来るのでしょうか?

次回は、外国人力士が勝利しなかった日を調べてみます(嘘)

-中央競馬

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.