馬券以外も競馬を楽しむ日記

馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

世界を股にかけるディープインパクト

   

去年引退して社台ファームに繋養されていたフィエロが、インドで種牡馬として繋養されることがわかりました。

フィエロは重賞勝ちこそありませんでしたが、マイルCSで2年連続2着に入るなど堅実な走りで活躍しました。
正直、ディープ産駒が飽和してきた国内では需要は微妙だったと思うので、このニュースは馬にとっても良かったのではないかと思います。

14、15年のマイルCS2着など重賞戦線で活躍して、昨年の引退後は社台ファームで種牡馬入りしたフィエロ(牡9歳)が、インドの「マンジリホースブリーダーズファーム」で今春から種牡馬入りすることが26日、分かった。

 社台ファーム事務局の長浜卓也氏は「ディープインパクトの子の種牡馬が欲しいということでお話をいただいた。世界での活躍を期待したいですね」と経緯を説明した。

 同馬の父ディープインパクトは、海外でも種牡馬としての評価が上がっている。日本で種付けしたサクソンウォリアー(牡3歳、父ディープインパクト、母メイビー、アイルランド・Aオブライエン厩舎)が無傷の3連勝で英国2歳G1を制し、今年の英ダービーの最有力候補に挙がっていることも無縁ではない。

 さらに母ルビーは、全兄にG1・7連勝を達成した世界的名馬のロックオブジブラルタルを持つ血統馬。国内では3頭を出産し、重賞ウィナーを出すまでに至らなかったが、5勝を挙げたフィエロはG1戦線でトップレベル相手に上位争いを演じた。世界でも評価される超良血が海を渡って、産駒が逆輸入される日も来るかもしれない。
http://www.hochi.co.jp/horserace/20180126-OHT1T50241.html

インドの競馬と言えば、「インドのシンザン」オウンオピニオンがオールドファンには有名ですが、近年は現地でのウインレジェンド産駒が活躍が目立っています。
リーディングでも上位にランクインし、重賞勝ち馬も輩出しています。

 

スポンサーリンク

 

海外で種牡馬として繋養されているディープインパクトの後継種牡馬

今回のフィエロと同様に、ディープインパクトの後継種牡馬たちは世界の各国で繋養される例が増えてきました。

馬名 母父 生年 繋養国 備考
スマートロビン Lyphard 2008 トルコ
ダノンバラード Unbridled 2008 イタリア→イギリス
マーティンボロ Nureyev 2009 フランス
トーセンスターダム エンドスウィープ 2011 オーストラリア
アルバートドック Unusual Heat 2012 イタリア
バロッチ Giant’s Causeway 2008 スウェーデン 日本での出走なし
ミッキーアイル ロックオブジブラルタル 2011 オーストラリア ※シャトル種牡馬
リアルインパクト Meadow Lake 2008 オーストラリア ※シャトル種牡馬

 

世界で活躍するディープインパクト産駒

後継種牡馬だけでなくディープの直仔たちも世界で走っています。
現3歳のサクソンウォリアーセプテンバーといった馬たちは、今年の欧州のクラシック路線の注目馬の1頭です。

特にサクソンウォリアーは大きな期待が集まるところ。
この馬がさらに成功すれば、ディープインパクト×ガリレオという組み合わせの需要がさらに高くなることでしょう。


 - マイナー種牡馬
 -

  シェアしていただけるとうれしいです

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です