注目の白毛馬ブチコのデビュー戦

10/25(土) 京都5Rのメイクデビュー京都で、デビュー前から話題を集めた、シラユキヒメ産駒の白毛馬ブチコ(栗東:音無秀孝)がデビューをしました。
姉のマーブルケーキ(美浦:萩原清厩舎)と同様に、白毛の馬体に斑模様の栗毛が混ざっているため、特徴的な見た目からこの名が命名されています。
 

ブチコのメイクデビュー戦

レースは、浜中俊騎手が騎乗し3番手追走からスムーズに道中を迎えるものの、直線では窮屈な場面もあり伸びきれず5着。
勝ち馬からも0.6秒差とそこまで離されていないので、これから期待できると思います。
兄弟はダートの方が走ったので、この馬もダートを使った時にこそ注目でしょう。
 

 

パドックから注目を集めたブチコ

この日のブチコはレース前で大いに注目を集めました。
パドックに登場すると、馬を引いている厩舎関係者もその馬体に合わせた服を着用。

パドックでは登場するとどよめきが起きたようです。
ちなみに、2人引きだったのですが、そのうちの1人は音無厩舎の調教助手である生野賢一元騎手でした。
また、この日の午前中の誘導馬は兄のシロベエだったようです。
 

そして本馬場入場で後衛を務めたのは、兄のホワイトベッセルでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました