JRAクラシック競走 完全制覇を達成した騎手

第80回皐月賞は1番人気のコントレイルが勝利。
騎乗した福永祐一騎手は、この勝利で史上11人目(現役では7人目)のJRAのクラシック競走完全制覇となりました。

競馬のクラシック競走とは?

競馬の世界でのクラシック競走とは、英国での3歳馬の以下の競走をBritish Classicsと呼んだことが由来のようです。

  • 1000ギニー(3歳牝馬限定)
  • 2000ギニー(3歳牡馬牝馬限定)
  • オークス(3歳牝馬限定)
  • ダービーステークス(3歳牡馬牝馬限定)
  • セントレジャーステークス(3歳牡馬牝馬限定)

日本でも同様に、これらの競走に相当する5レースをクラシック競走と称しています。

  • 桜花賞(3歳牝馬限定)
  • 皐月賞(3歳牡馬牝馬限定)
  • 優駿牝馬(3歳牝馬限定)
  • 東京優駿(3歳牡馬牝馬限定)
  • 菊花賞(3歳牡馬牝馬限定)

クラシック競走完全制覇を達成した騎手の一覧

2020年4月19日時点で、以下の11人がクラシック競走完全制覇を達成しています。

騎手名達成年
栗田勝1964/11/15
保田隆芳1968/05/19
菅原泰夫1981/11/08
武豊1998/06/07
河内洋2001/04/15
池添謙一2011/10/23
岩田康誠2014/05/25
川田将雅2016/05/29
C.ルメール2019/04/14
M.デムーロ2019/05/19
福永祐一2020/04/19

この中で、保田隆芳、菅原泰夫の2名だけが関東圏の騎手で、あとは関西圏の騎手になります。

  • 岡部幸雄、横山典弘は桜花賞
  • 柴田政人はオークス
  • 蛯名正義はダービー

といった感じで、関東のトップジョッキーはリーチまで行っても、完全制覇にはあと一歩届かないようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました