海外競馬

韓国へ輸出された日本馬たち

投稿日:

2016年のコリアカップなどを制した、ダート界の古豪クリソライトが引退して韓国で種牡馬入りすることが発表されました。

クリソライトは韓国のコリアカップに2016,2017年と遠征して1着,2着と好走。

生産に力を入れ始めている韓国にとっても需要はあることでしょう。
日本国内では、ゴールドアリュールの後継は、エスポワールシチー、コパノリッキー、スマートファルコンなどがいるだけに、国内に留まるよりは馬の今後を考えると良かったのかもしれません。

韓国へ輸出された日本馬の種牡馬たち

これまで多くの日本馬が韓国へ輸出されてきました。

輸出馬名主な重賞勝ち鞍現在(2014年11月時点)
1984コーネルランサー1974年 日本ダービー1991年死亡
1990プレストウコウ1977年 菊花賞1994年死亡
1990ラッキールーラ1977年 日本ダービー1991年死亡
1990カツトップエース1981年 日本ダービー1991年死亡
1990ヤマノスキー1986年 関門橋S1995年死亡
2003エアダブリン1994年 ステイヤーズS2013年に種牡馬引退
タヤスメドウ2000年 新潟大賞典2011年死亡
2004サンデーウェル1995年 セントライト記念済州・金岳牧場に繋養中
シンコウシングラー2008年死亡
2005オースミジェット99,00年 平安S済州・ケリム牧場に繋養中
トロットスター2001年 スプリンターズS済州・松岳牧場に繋養中
ビワシンセイキ2003年 かきつばた記念済州・プルン牧場に繋養中
2006ダンシングサーパス2013年死亡
メイセイオペラ1999年 フェブラリーS済州・プルン牧場に繋養中
イングランディーレ2004年 天皇賞(春)済州・金岳牧場に繋養中
エアスマップ2001年 オールカマー2011年10月に急性疝痛で死亡
2007ニホンピロニール済州・緑原牧場に繋養中
2011アドマイヤドン2004年 フェブラリーS済州・緑原牧場に繋養中
リミットレスビッド2007年 東京盃済州・ミョンウォン牧場に繋養中
イーグルカフェ2002年 JCダート済州・緑原牧場に繋養中
エアシェイディ2008年 AJCC京畿道・チャンピオン牧場に繋養中
マイネルセレクト2004年 JBCスプリント済州・緑原牧場に繋養中
2014テスタマッタ2013年 フェブラリーS済州・緑原牧場に繋養中
フェデラリスト2012年 中山記念済州・緑原牧場に繋養中

イングランディーレ、エアダブリン、メイセイオペラあたりは、現地でも活躍馬を輩出して結果を残しているようです。

2016年 韓国のリーディングサイアー

数年後のコリアカップやコリアスプリントで、遠征してきた日本馬を迎え撃つ立場で、クリソライト産駒が出てくる日が来るかもしれません。

-海外競馬

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.