馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

その他

平地挑戦で快勝したオジュウチョウサン、このまま平地専念へ

投稿日:

障害界の最強馬オジュウチョウサンが、4年8か月ぶりとなった平地挑戦のレース、開成山特別(500万下)を快勝しました。

7日、福島競馬場で行われた開成山特別(3歳上・500万・芝2600m)は、スタートを決めて好位につけた武豊騎手騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡7、美浦・和田正一郎厩舎)が、2周目3~4コーナーで先頭に立って後続を突き放し、2着の3番人気ドリームスピリット(牡3、美浦・武藤善則厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分42秒3(稍重)。

 さらにクビ差の3着に5番人気コンボルド(牡4、美浦・中川公成厩舎)が入った。なお、2番人気グリントオブライト(牝5、美浦・戸田博文厩舎)は4着に終わった。

 勝ったオジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、その父シンボリクリスエスという血統。障害絶対王者の4年8か月ぶりの平地挑戦で、福島競馬場は朝から同馬のグッズ売り場に長蛇の列ができるなど大盛況。単勝オッズでも2.0倍の1番人気に支持されたが、そのファンの期待に応え、王者の実力を見せつけた。

 オジュウチョウサンはこれで2016年中山グランドジャンプからの10連勝を達成。平地で1勝(初勝利)したことで、平地重賞への出走もできるようになった。秋の大目標は大障害か有馬記念か、今後もこのアイドルホースの動向からは目が離せない。
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=139424

オジュウチョウサンのオーナーである長山尚義氏はこのまま障害は使わずに平地専念することを表明しています。

本当にこのまま障害は走らないのでしょうか?
盛り上がりは凄かったし、レースっぷりも強かったです。
ただ、まだ500万下を勝っただけ。
色々と話が早すぎる気がします・・・。

この後の鞍上は誰になるのでしょうか?
この馬をずっと育ててきた石神深一騎手はもう乗ることはできないのでしょうか?
今回の平地挑戦も複雑な思いだったようなので、平地専念だとしても彼に再び騎乗機会を与えてほしいものです。

乗れなくなるって聞いたときはショックでしたが、今は現実を受け入れて納得しています。今後もオジュウの調教を任せてもらっていますし…これはボクの勝手な気持ちですが、やっぱり障害レースに戻ってきてほしい。暮れはオジュウと一緒に大きなタイトルを取って一年を締めくくりたい気持ちはあります。
https://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/1052923/





-その他

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.