オーストラリアのG1で、ブレイブスマッシュとトーセンスターダムがワンツー!

オーストラリアのG1、フューチュリティステークス(Futurity Stakes)で、日本から移籍したブレイブスマッシュが勝利。
2着はトーセンスターダムで、日本から移籍した2頭がワンツーを決めました。
そして3着は吉田勝己氏が共同所有している馬が入り、日本関連馬のワンツースリーという結果になりました。

フューチュリティステークスの結果

2018/02/24
コーフィールド競馬場 6R
芝1400 11頭立て
馬場状態:Good
着順 枠番 馬番 馬名 騎手 オッズ 人気
1 9 3 ブレイブスマッシュ
Brave Smash
C.ウィリアムズ
C.Williams
4.8 1
2 5 1 トーセンスターダム
Tosen Stardom
B.アレン
B.Allen
6.0 3
3 10 11 ショータイム
Showtime
D.ダン
D.Dunn
7.0 4

全着順はこちら

フューチュリティステークスのレース映像

レース途中からですが、Racing.comのTwitterにレース映像が上がっています。


オーストラリア競馬と日本競馬

ブレイブスマッシュは今回の勝利がG1初制覇。
日本ではG3止まりの馬でしたが、向こうには条件の合うG1がゴロゴロあることもあって、馬にとっては移籍大成功だったと言えるのでしょう。
レースさえうまく選べばハナズゴールでも(失礼ながら)勝てるくらいなので、アンビシャス、サトノラーゼン、ダノンリバティといった
オーストラリア移籍馬たちも、同様にG1馬になるチャンスありということでしょう。
関連記事


アンビシャスがオーストラリア移籍!競走馬の海外移籍が増えている件
2016年の大阪杯(G2)を制するなど重賞戦線でも活躍中のアンビシャスが、オーストラリアに移籍することが発表されました。16年大阪杯(G2)など重賞2勝を挙げたアンビシャス(牡5、音無)が、オーストラリアに移籍することになった。 この秋...

https://keiba.morelents.com/2017-emiratesstakes/

コメント

タイトルとURLをコピーしました