優駿スタリオンステーションを見学してきました その2

優駿スタリオンステーションで会ってきた種牡馬たちを紹介します。
前半はこちら。
http://keiba.morelents.com/2017-tour-yusyun/

ベーカバド

ベーカバド 画像
フランスから輸入された種牡馬。
現時点で3世代がデビューしていますが、準オープン勝ちのあるエネスクが代表産駒という程度。

ロジユニヴァース


第76代ダービー馬。
仕上がりの早い馬を輩出しそう。
ネオユニヴァースの後継種牡馬は多いだけに、なんとか勝ち残ってほしいところ。

ノーザンリバー

ノーザンリバー 画像
芝・ダートで重賞を勝利。
アグネスタキオンの貴重な後継種牡馬ではあるが、ディープスカイが今ひとつなところを見ると、少々厳しい気もします。

トゥザワールド

トゥザワールド 画像
母トゥザヴィクトリーの良血馬。
兄のトゥザグローリーは、イーストスタッドに繁養されています。

バンデ

バンデ 画像
重賞勝ちとは縁がなかったが、菊花賞3着の実績あり。
長距離寄りの馬なので、種牡馬需要は低そう。
同スタリオンには、同じ林正道オーナー所有だった、ノーザンリバー、ヘニーハウンドも繁養されています。

カレンブラックヒル

カレンブラックヒル 画像
ダイワメジャーの後継種牡馬。
仕上がりの早い馬を輩出していければ勝負になりそう。

タイセイレジェンド

タイセイレジェンド 画像

トビーズコーナー

トビーズコーナー 画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました