「スピネル」という馬名の由来・意味

マイルにレースの場を移したエアスピネルが京都金杯で接戦を制して勝利。
久しぶりの重賞制覇を飾りました。

2着に入ったのは6番人気のブラックスピネル。
奇しくも「スピネル丼」という結果になりました。

この「スピネル」というのがどういう意味なのか馬名の由来を調べてみたところ、エアスピネルとブラックスピネルでは意味が異なるようです。

エアスピネルの馬名の由来

エアスピネル=冠名+タイに伝わる伝説の竜の形をした馬

「エア」はお馴染みの冠名。
「スピネル」はタイに伝わる伝説の竜の形をした馬
という意味のようです。

ブラックスピネルの馬名の由来

ブラックスピネル=黒い尖晶石

こちらは「ブラックスピネル」でひとつの単語になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました