父・ダービー馬、母・オークス馬

皐月賞の雪辱が期待される2歳チャンピオンのリオンディーズ。
父はダービー馬のキングカメハメハ、母はオークス馬シーザリオ。半兄は菊花賞馬エピファネイア。
いまさら説明なんて不要な、超良血馬です。
この父・日本ダービー馬、母・オークス馬という組み合わせ。
実は、この組み合わせの日本ダービー馬は、長い歴史の中で1頭いません。
この組み合わせでの出走例は、最近ではルーラーシップ(5着)くらいだと思います。

今年は、シーザリオに敗れた馬たちの仔の活躍が目立っています。
クラシック戦線で対戦した、エアメサイア(エアスピネル)、ディアデラノビア()の産駒が重賞を勝利。
そして先週のオークスを制したのは、アメリカンオークスで対戦したシンハリーズの産駒(シンハライト)でした。
シーザリオ産駒に流れが来ているような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました