ディープインパクト産駒が有馬記念苦手なんてことは無かった

出走メンバー中唯一の3歳馬サトノダイヤモンドが、暮れの大一番の有馬記念を制覇。
菊花賞に続くG1連勝で、年度代表馬争いは混沌としてきました。

2016-有馬記念中央競馬のグランプリレース「第61回有馬記念」は25日、中山競馬場の2500メートル芝コースに16頭が出走し争われ、1番人気のサトノダイヤモンド(ルメール騎乗)が優勝、賞金3億340万2000円を獲得した。
 サトノダイヤモンドは菊花賞に続くGI2勝目。2番人気のキタサンブラックは2着だった。
http://www.sankei.com/sports/news/161225/spo1612250011-n1.html

サトノダイヤモンドのオーナーである里見治氏は、菊花賞→香港ヴァーズ→朝日杯FS→有馬記念と、この秋だけでG1を4勝。
これまでのG1と縁遠かったのはなんだったのか・・・と思ってしまいます。
アドバイザー的ポジションにいる、池江泰郎元調教師のおかげなんですかね。
キタサンブラックは1戦ごとに力をつけている印象。
サトノラーゼンが3コーナー付近で上がってこなければ、そのまま押し切っていたかもしれません。
ゴールドアクターは去年と同じレースをしての3着。
もう一絞りされてれば・・・という感じもしますが、実力を出し切ったと思います。
上位人気の3頭がそれぞれ全力を出して好勝負を演じたこともあり、ここ数年でも上位のベストレースだったと思います。

今回のレース前には、ディープインパクト産駒は有馬記念を苦手としているのではないか?という声もありました。
実際に、ディープ産駒が有馬記念で好走した例は、超スローペースだった2015年のジェンティルドンナのみでした。
しかし、これまでの有馬記念には、活きの良いディープ産駒が参戦していなかったという事実もありました。

有馬記念に出走したディープインパクト産駒

着順 馬名 馬齢 人気
2013 15着 ダノンバラード 牡5 9人気
2014 1着 ジェンティルドンナ 牝5 4人気
6着 ラキシス 牝4 11人気
7着 ラストインパクト 牡4 7人気
8着 トーセンラー 牡6 8人気
9着 デニムアンドルビー 牝4 16人気
11着 サトノノブレス 牡4 13人気
14着 ヴィルシーナ 牝5 12人気
2015 4着 マリアライト 牝4 12人気
6着 トーセンレーヴ 牡7 14人気
12着 ラストインパクト 牡5 9人気
2016 1着 サトノダイヤモンド 牡3 1人気
5着 ミッキークイーン 牝4 7人気
9着 デニムアンドルビー 牝6 11人気
10着 マリアライト 牝5 6人気
13着 サトノノブレス 牡6 13人気

上記の通り、今年まではディープ産駒の3歳馬の出走はゼロ。
さらには、5人気以上の支持を集めた実力馬もジェンティルドンナのみ。
つまり、単にちゃんと強いディープインパクト産駒が出走してなかっただけ、とも言えると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました