馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

中央競馬

30年目の48歳、林満明騎手がJ・G1初制覇

投稿日:

今年は外国馬の参戦もなく、3枠の6歳馬、レッドキングダムとアポロマーベリックの2強対決に注目の集まった中山GJ。

5頭が落馬するなど過酷になったレースは、7枠の5歳馬、アップトゥデイト、ソンブレロの1、2着に終わりました。

2015-中山GJ第17回中山グランドジャンプ(G1、障害4250メートル・晴良15頭)は18日、中山競馬場11Rで行われ、林騎手騎乗の4番人気、アップトゥデイト(牡5=佐々木厩舎、父クロフネ、母リニアミューズ)が、直線で後続を大きく突き放して優勝した。勝ち時計は4分46秒6。

過酷な障害競走

今年の中山GJは15頭と頭数が揃ったレースになりました。

出走馬の中には、オープン競走で掲示板に載ったことのない馬もいるなど、レベル差がかなりありました。
単勝オッズも、100倍を超える馬が7頭もいることが証明していると思います。

実力馬であるアポロマーベリックが飛ばす展開も手伝って、馬群も縦長の過酷なレースになりました。

全馬完走とはいきませんでしたが、見ごたえのあるレースだったと思います。

踏み切ってジャンプー!山本直也アナウンサー

ラジオNIKKEIの実況を務めたのは「踏み切ってジャンプー!」でお馴染の山本直也アナウンサー。
ここ数年のJ・GⅠは山本アナが担当しています。

この日は中山競馬場で「踏み切ってジャンプー! Tシャツ」が大好評の売れ行きだったそうです。

48歳、林満明

今回の勝利は大ベテランの林満明騎手にとっては、うれしいJ・GⅠ初制覇となりました。

林満明騎手について

林騎手は1986年デビューの30年目。
同期には横山典弘騎手、熊沢重文騎手、松永幹夫調教師らがいます。

デビューから積極的に障害競走に騎乗。
1997年にはアワパラゴンとのコンビでの活躍もあり、年間18勝を挙げ障害リーディングにも輝いています。

若いころは平地でも騎乗していましたが、徐々に障害を中心に騎乗していくようになりました。
2011年からは平地免許を返還し、障害1本で活躍しております。

-中央競馬
-, ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.