馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

地方競馬

御神本訓史、再受験へ

投稿日:2015年5月23日 更新日:

騎手免許更新試験で不合格になったため、今月いっぱいで騎手免許を失効する御神本訓史騎手が、来年の再受験をする意向であることがわかりました。

mikamoto
今月いっぱいで騎手免許を失効する南関東のトップジョッキー御神本訓史騎手(33=大井・三坂盛)が南関東での騎手復帰を目指すことが22日、分かった。来年1月~3月に行われる騎手試験を受験し、合格すれば来年4月1日から騎乗可能になる。

 同騎手は現在も謹慎を続けているが、深く反省した上で師匠の三坂師や親族などとも話し合いを進め、最終的に再受験の意志を固めた。地元の大井開催が終わるのを待って25日から所属する三坂厩舎で調教助手の仕事をしながら受験に備える。

御神本訓史騎手について

御神本訓史騎手は、南関東のトップジョッキーとして名が知られていますが、デビュー時は、今は無き益田競馬場の所属騎手でした。

益田の天才

地元益田でデビューをすると、1年目に日本海特別(ダービーに相当)を制覇、2年目にリーディングジョッキーに輝くなど、早くからその才能を発揮し「益田の天才」と言われました。

しかし、益田競馬場は2002年に廃止に。
トップジョッキーである御神本騎手は、各地方競馬場の争奪戦の末に、人の縁もあって大井競馬場へ移籍することになりました。

大井競馬移籍後も、怪我に悩ませられながらも活躍。
2007年にはJBCスプリントをフジノウェーブで制するなど地方競馬のトップジョッキーとしてその名をとどろかせました。

度重なる問題

その活躍とは逆に、度重なる問題行動で世間を騒がせています。
2007年5月に調整ルームに入らずに騎乗停止になったことを皮切りに、無断外出が続くなど何度か騎乗停止処分を受けてきました。

そして2015年2月、外部の人物を「施術師」と虚偽の申告をして、複数回にわたって無断で入れさせたとして、40日間騎乗停止処分という厳しい制裁を受けました。

御神本訓史は今?近況は?

2015年2月に受けた騎乗停止処分は明けましたが、騎手免許不合格になったの影響してか2月19日を最後に騎乗をしておりません。
失踪したのか?という噂も流れましたが、三坂厩舎で調教を付けているというのが現状のようです。

他の場に移籍するという手もあったと思いますが、反発もあると思うので、反省の意味も込めてこの判断がベストだったと思います。

実力は確かでスター性もある人なだけに、反省しての復帰を期待します。





-地方競馬
-,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.