ドバイシーマクラシック、ワンアンドオンリーの3着が最高

ドバイ国際競走の第8R、ドバイシーマクラシック(GⅠ)。
日本からは、桜花賞馬ハープスターダービー馬ワンアンドオンリーの2頭が出走しました。

ドバイシーマクラシックの結果
1着 ドルニヤ(フランス) C.スミヨン
2着 フリントシャー(フランス) M.ギュイヨン
3着 ワンアンドオンリー(日本) C.デムーロ
8着 ハープスター(日本) R.ムーア
小頭数の中で、ワンアンドオンリーが先行し、ハープスターは中断やや後方という位置取り。
ワンアンドオンリーがやや引っかかり気味で、騎乗したC.デムーロが必死に宥めていました。
直線を向くとフランス勢の2頭が抜け出し、そのまま牝馬のドルニヤが突き放し快勝。
C.スミヨンはUAEダービーに続く快勝。
(3RのドバイゴールドCでもStarEmpireに騎乗し2着)
日本馬はワンアンドオンリーが3着。
直線で手応え怪しくなってからも差し返す勝負根性を見せました。
ハーツクライとの父仔制覇はなりませんでしたが、下馬評は高くなかっただけに健闘と言えると思います。
ハープスターは後方のまま良いところなく8着敗退。
R.ムーアからのオファーで騎乗が決まったこともあって世界的にも注目を集めていましたが、残念な結果に終わってしまいました。
去年のジェンティルドンナに続く日本馬の連覇はなりませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました