馬券以外も競馬を楽しむ日記

馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

堀宣行調教師をはじめとした、美浦の若手調教師たち

   

モーリスが力強く3連勝。
スクリーンヒーロー産駒が2週連続の重賞勝利となりました。

2015-ダービー卿CT5日の中山11Rで行われた第47回ダービー卿チャレンジトロフィー(4歳上オープン、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気モーリス(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)が後方2番手から直線一気に突き抜けて圧勝。3連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは1分32秒2(良)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00000527-sanspo-horse&pos=3

モーリスが実力を証明

勝ったモーリスは休養明け後3連勝。
今回はGⅢ級のメンバーが揃いましたが、全く問題にならないくらいの快勝でした。
ただし、この馬は今後もゲートが問題になってくると思うので、過信は禁物だと思います。

美浦の若手調教師たち

管理する堀厩舎は、弥生賞のサトノクラウンオーストラリアでのリアルインパクトに続く重賞制覇。
他にもドゥラメンテやゴールデンバローズなどの期待馬を多く管理しています。

今年の関東リーディングトレーナーは、堀調教師をはじめとした30~40歳台の調教師たちが奮闘中。
この中に藤沢和雄調教師や国枝栄調教師といった、これまでの常連の名前がありません。

美浦の勢力図が変わってきたので、そろそろ世代交代なのかもしれません。

順位名前年齢勝利数
1堀宣行4713
2田村康仁5213
3高柳瑞樹3912
4木村哲也4211
5尾関知人4310
6栗田徹3710
7加藤征弘499
8戸田博文519
9伊藤大士429
10久保田貴士479

スポンサーリンク

スクリーンヒーロー産駒

スクリーンヒーロー産駒は、先週の毎日杯のミュゼエイリアンに続く重賞勝利。
種付けシーズンを前にして、更に需要が高まりそうです。

初年度からレックススタッドで繋養されているスクリーンヒーローは、種付け頭数が、2013年 80頭→2014年 111頭 と上昇してきました。

2015年は種付料が上がりましたが、頭数は更に増えると思います。


 - 中央競馬
 -

  シェアしていただけるとうれしいです

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です