馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

引退馬に会いに行こう

ブリーダーズスタリオンステーションを見学してきました 1 2014

投稿日:2014年11月12日 更新日:

先月、北海道に行って多くの元競走馬たちに会ってきましたので、写真付きでご紹介します。

※翌年も行ってきました。レポートはこちら

・ブリーダーズスタリオン 1 2

 

ブリーダーズスタリオン

ここは一般見学は朝9:30~10:30までの1時間、厩舎に入っている馬たちを見学するか、放牧をしている馬たちを見学するかのどちらかになります。
私が行った日は、午後から放牧するとのことで、厩舎の見学でした。

ここにいる馬たちは、社台スタリオンから移動になった馬が多いので、見学者もライトな競馬ファン~コアなファンまで幅広く訪れている印象です。
こちらでは、牧場の方が簡単な案内をしてくれるので、馬が顔出しするようにエサで呼んでくれたり、裏話ではないですが、各馬の日ごろの様子などのお話を聞くことも出来ます。
ブリーダーズスタリオン

グラスワンダー&アーネストリー父子

 

グラスワンダー

グラスワンダー
後継種牡馬に恵まれている同馬。相変わらず栗毛の大柄な馬体が目立っています。
 

アーネストリー

アーネストリー
今年から繋養されている新種牡馬。毛色が違う以外はお父さんとソックリです。

長らくここの看板馬であるグラスワンダーと、新種牡馬の息子アーネストリーは、隣同士の馬房で繋養されています。
隣同士の理由を牧場の方に伺ったところ、相性が良いからとかではなく、見学に来る人へのサービスだそうです。

左:アーネストリー 右:グラスワンダー
 

ステイゴールド&ナカヤマフェスタ父子

 

ステイゴールド

ステイゴールド
21歳になりましたが、未だに人気者です。ビッグレッドファームと2年毎に交代で繋養されているようです。
種牡馬にも関わらず、馬体は500kgないのだとか。
 

ナカヤマフェスタ

ナカヤマフェスタ
凱旋門賞2着馬。お父さんより大きいです。

こちらの親子も、グラス&アーネストリーと同様に、隣同士の馬房に繋養されています。
これも、同様にファンへのサービスとのことです。
StayGoldNakayamaFesta.jpg
左:ナカヤマフェスタ 右:ステイゴールド





-引退馬に会いに行こう
-,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.