オーロマイスターが種牡馬として韓国へ輸出

2010年の南部杯の覇者である、オーロマイスターが種牡馬として韓国に輸出されるというニュースが入ってきました。

 オーロマイスター2010年の交流G1「マイルチャンピオンシップ南部杯」優勝馬オーロマイスター(9歳)が韓国で種牡馬となることが決まった。11月17日午後、出国検疫を受けるため、白老町社台の日本軽種馬協会胆振輸出検疫施設に入厩した。
通算成績は38戦7勝。2歳秋にデビュー勝ち。3歳春のジュニアCで2着となって芝の適性も示したが、ダートを使われるようになって本格化。根岸ステークス3着、エルムステークス2着と重賞戦線で活躍し、5歳秋、盛岡競馬場で行われた南部杯でエスポワールシチーをくだして優勝している。現役引退後は生まれ故郷の追分ファームに戻り、若手騎乗者の練習馬として繋養されていたが、韓国への輸出が決まった。
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=92842

今は練習用の馬だったのですね。去勢されていなかったのはラッキーだったのでしょう。
まだ9歳と比較的若いし、可能性はあるのではないかと思います。
繋養先は日本馬が過去に多く輸出されている、済州島の緑原牧場(リョクウォンファーム)になる予定です。

 

韓国に渡った種牡馬たち

数年前から、日本の種牡馬が韓国に輸出されるというケースが増えて来ています。
これまでも多くの馬たちが韓国に輸出されていきました。
 

日本から韓国に渡った主な種牡馬

輸出馬名主な重賞勝ち鞍現在(2014年11月時点)
1984コーネルランサー1974年 日本ダービー1991年死亡
1990プレストウコウ1977年 菊花賞1994年死亡
1990ラッキールーラ1977年 日本ダービー1991年死亡
1990カツトップエース1981年 日本ダービー1991年死亡
1990ヤマノスキー1986年 関門橋S1995年死亡
2003エアダブリン1994年 ステイヤーズS2013年に種牡馬引退
タヤスメドウ2000年 新潟大賞典2011年死亡
2004サンデーウェル1995年 セントライト記念済州・金岳牧場に繋養中
シンコウシングラー2008年死亡
2005オースミジェット99,00年 平安S済州・ケリム牧場に繋養中
トロットスター2001年 スプリンターズS済州・松岳牧場に繋養中
ビワシンセイキ2003年 かきつばた記念済州・プルン牧場に繋養中
2006ダンシングサーパス2013年死亡
メイセイオペラ1999年 フェブラリーS済州・プルン牧場に繋養中
イングランディーレ2004年 天皇賞(春)済州・金岳牧場に繋養中
エアスマップ2001年 オールカマー2011年10月に急性疝痛で死亡
2007ニホンピロニール済州・緑原牧場に繋養中
2011アドマイヤドン2004年 フェブラリーS済州・緑原牧場に繋養中
リミットレスビッド2007年 東京盃済州・ミョンウォン牧場に繋養中
イーグルカフェ2002年 JCダート済州・緑原牧場に繋養中
エアシェイディ2008年 AJCC京畿道・チャンピオン牧場に繋養中
マイネルセレクト2004年 JBCスプリント済州・緑原牧場に繋養中
2014テスタマッタ2013年 フェブラリーS済州・緑原牧場に繋養中
フェデラリスト2012年 中山記念済州・緑原牧場に繋養中

 

生産界の事情

需要の減ってきた種牡馬を円滑に手放したい日本の生産者と、なるべく安価で外国馬を購入したい韓国の生産界。
双方のニーズが合致していることから、需要が増えているのだろうと思います。
日本の生産者は、かなり破格の価格で売っているとの噂を聞きますが、それでもまだマシな商売になるのだろうと思います。
 

日本種牡馬の韓国での活躍

ちなみに、韓国に渡った日本の種牡馬たちは、メイセイオペラの産駒のソスルッテムンが、内田利雄騎手騎乗でKRAカップマイル(日本での皐月賞)を勝つなど、活躍をしております。
エアダブリンなんかは2013年に種牡馬引退をし、現在は功労馬として大事にされているようです。
韓国に行ったからといって不遇を受けるわけではない。ということだけフォローを入れておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました