馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

中央競馬

有終の美を飾ったジェンティルドンナ

投稿日:2014年12月29日 更新日:

1年の締めくくりとなる、第59回有馬記念。
ここが引退レースとなる4番人気のジェンティルドンナが見事に有終の美を飾りました。

ジェンティルドンナという牝馬

ジェンティルドンナ
ジェンティルドンナはこれまで、GⅠ6勝という実績でしたが、その内5勝が左回り(残る1勝は桜花賞)。
近年は右回りの京都や阪神でイマイチだったことから、ここでは軽視されている感じもありました。

しかし蓋を開けてみれば、初の中山も関係なし。
ジャパンCで引退せずに、ここまで引っ張った甲斐があったのだろうと思います。

今回が2度目の騎乗の戸崎圭太騎手も上手く乗っていましたが、何より枠に恵まれたことがすべてだったのでしょう。

ジェンティルドンナはこれでGⅠ7勝目。
牝馬3冠、JC連覇、ドバイ制覇に加えてラストランの有馬記念制覇。
近年のウオッカやブエナビスタといった強豪牝馬たちを上回る実績を残しての引退となりました。

この後はノーザンファームで繁殖入りする予定です。

一族の血 トゥザワールド

トゥザワールド
2着は人気薄のトゥザワールド。
前走の菊花賞で大敗したこともあって人気を大きく落としていました。

この馬は、母トゥザヴィクトリー、兄トゥザグローリーが共に有馬記念で3着の実績がありました。
この血統にとって相性が良いのでしょう。

また、池江泰寿厩舎の馬は6年連続有馬記念で3着以内に入線。

来年はトゥザワールドは海外を視野に入れているのだとか。
鞍上は誰になるか分かりませんが、天皇賞(春)は不向きだと思うので、ドバイや香港を目指すのは楽しみですね。

運に見放された須貝尚介厩舎

ゴールドシップ
ジャスタウェイ
須貝尚介厩舎の2騎。ゴールドシップとジャスタウェイは、それぞれ3着、4着。
枠順の抽選会で外枠になってしまった不運がここで出てしまったのではないかと思います。

ジャスタウェイは今回がラストラン。
最後に良い脚で追い込んできただけに、非常に勿体ないレースになってしまった感は否めません。
この後は1/4に京都競馬場で引退式が行われ、社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが発表されています。

ラストラン

ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ以外にもここが最後になった馬たちがいます。

トーセンラー

トーセンラー
内々を回り良い感じで進めるものの8着まで。
得意の京都で去年以下の成績だったあたり、下降線だったのでしょう。

この後は種牡馬入りする予定です。

ヴィルシーナ

ヴィルシーナ
逃げ馬不在の中で、押し出されるように逃げて果敢にレースを作るものの14着。
ライバルのジェンティルドンナとは差を付けられてしまいましたが、よく頑張りました。

この後はノーザンファームで繁殖入りする予定です。





-中央競馬
-,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.