馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

中央競馬

大久保洋吉厩舎ゆかりのショウナンラグーン

投稿日:2014年5月4日 更新日:

昨日の青葉賞は人気薄のショウナンラグーンが差し切り勝ちを決めて、ダービーの切符を手にしました。

2014 青葉賞
【青葉賞】ラグーンV!大久保洋師、涙のダービー切符
1、2着馬にダービー優先出走権が与えられる「青葉賞」が3日、東京競馬場で行われ、吉田豊騎乗、10番人気ショウナンラグーンが外から差し切って重賞初制覇を決めた。名牝メジロドーベルの孫。来年2月に70歳定年を迎える大久保洋吉師が最後のダービーに夢切符をつかんだ。頭差2着は1番人気ワールドインパクトだった。

重鎮の目にも涙。検量室前でショウナンラグーンを出迎えた大久保洋師の目は真っ赤だった。自ら管理したG1・5勝馬メジロドーベルの孫でつかんだ10年ぶりの夢切符。しかも最後のダービー。「この血統がどうしても欲しくて。オーナー(国本哲秀氏)に頼んでセレクトセールで買ってもらった。2戦で引退したおっかさん(母メジロシャレード=1勝)の無念もあってリベンジの思いも強かった。一番うれしい勝利だ」。再びハンカチで目頭を押さえると、じっくり喜びをかみしめた。
道中は後方14番手で折り合った。直線に向いて外に持ち出すと、先に先頭に立ったワールドインパクトとの差を1完歩ずつ詰めた。上がり3Fはメンバー中最速タイ。33秒8の末脚で追い詰め、頭差かわしたところがゴールだった。

愛弟子でメジロドーベルの主戦も務めた吉田豊は「先生を何とかダービーに連れて行きたかった」と安どの表情。「先生の最後のダービー。悔いの残らないよう頑張りたい」と続けた。

師にとっては04年ハイアーゲーム(3着)以来、10年ぶり3度目の夢舞台。「直線は長い方がいい。ドーベルもオークスを勝ったからな」。真っ赤な目は、もう6月1日に向けて戦闘モードに切り替わっていた。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/05/04/kiji/K20140504008091110.html

ダービー出走権を得たショウナンラグーン

ショウナンラグーンは青葉賞に抽選を通っての出走でした。

青葉賞にギリギリで出られたくらいなので、ここで権利を獲れなければダービーにはまず間違いなく出られませんでした。
この勝利で堂々とダービーに駒を進めることになります。
 


 

大久保洋吉厩舎血統のショウナンラグーン

さて、このショウナンラグーンは、上記の記事にある通り、祖母は大久保洋吉&吉田豊でお馴染のメジロドーベルです。

母のメジロシャレードも大久保洋吉厩舎で、2戦だけですが全て吉田豊騎手が手綱を取っております。
厩舎ゆかりの血統です。

生産 レイクヴィラファーム

生産のレイクヴィラファームはメジロ牧場の実質的な後継牧場です。

レイクヴィラファーム 11年5月21日、旧メジロ牧場の敷地と繁殖牝馬を引き継ぐ形で開場。洞爺湖町の本場と伊達市の分場がある。社長はメジロ牧場元専務の岩崎伸道氏。従業員は伊達3人、洞爺13人の計16人。場内にはメジロマックイーン、メジロデュレン、メジロパーマーなどの墓のほか、25歳を迎えたメジロライアンが功労馬として余生を過ごしている。
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20120828-1007563.html

馬主 「ショウナン」国本哲秀

馬主は、「ショウナン」の冠でお馴染の国本哲秀氏。

大久保洋吉厩舎からはショウナンカンプやショウナンパントルといったGⅠ馬が在籍していました。
なので、このショウナンラグーンは大久保洋吉厩舎ゆかりの馬なのです。
 

大久保洋吉調教師にとって最後のダービー挑戦

そんな馬で大久保洋吉調教師にとって最後のダービーに駒を進めることができるので、所属の吉田豊騎手は気合が入っているでしょう。

意外にも大久保洋吉&吉田豊のコンビでダービーに出走したことは、1996年のトピカルコレクター(16着)1回だけ。
(2004年 3着のハイアーゲームは蛯名正義騎手が騎乗)
テレビのインタビューでも吉田豊騎手は「大久保先生にとって最後のダービー」といった旨のことを2回も語っていました。

最後の師弟で挑むダービー。どんなレースを見せてくれるでしょうか。
 





-中央競馬
-, , ,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.