馬券だけではなく、それ以外も競馬を楽しめればと思います。

馬券以外も競馬を楽しむ日記

海外競馬

韓国で行われた競馬のアジアチャレンジカップ2014

投稿日:2014年9月2日 更新日:

8/31に韓国のソウル競馬場で、日韓星対抗戦となるアジアチャレンジカップ2014が行われました。

去年に引き続き2回の施行で、大井競馬(TCK)と韓国馬事会(KRA)の交流競走に、今年はシンガポールからも3頭が参戦し、3ヶ国の対抗戦となりました。
去年は的場文男騎手のトーセンアーチャーが豪快な差しきりを決めたこのレース。
今年は、各国去年以上の本気度で参戦してきました。

日本の大井からは、去年よりは強いメンバーを揃えてきた印象。
実績最上位のショコラヴェリーヌ、的場文男のピエールタイガー、中央実績もあるトシギャングスター。

迎え撃つ韓国からは、去年の好走馬も参戦するほか、それ以上のレベルの馬が出走。
ニューヨークブルーには田中正一騎手(ニュージーランド)、インディアンブルーには倉兼育康騎手(高知)が騎乗。

そして初参加のシンガポールからは、重賞勝ち馬が参戦する本気っぷり。
初ダートをどうこなすかが注目でした。

8月31日(日)にソウル競馬場で『アジアチャレンジカップ2014(SBSスポーツ杯)』(3歳以上、左回り・ダート1400メートル、1着賞金1億3750万ウォン=約1400万円)が行われ、1番人気のエルパドリーノ(セン馬6歳、シンガポール・A.H.ワン厩舎)=57キロ、D.フローレス騎手=が2着に2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分23秒8(良)。
 2着ワンダーボルト、3着ニューヨークブルーは韓国馬。日本(大井競馬)からの遠征馬は4着のトシギャングスター(牡7歳、矢野貴之騎手)が最先着。5着にピエールタイガー(牡6歳、的場文男騎手)、7着にショコラヴェリーヌ(牝5歳、真島大輔騎手)が入った。
 『アジアチャレンジカップ2014(SBSスポーツ杯)』は、昨年に引き続き、韓国馬事会(KRA)と大井競馬(TCK)の交流競走で、今年はシンガポールからの参戦もあり、KRA所属馬8頭、シンガポール所属馬3頭、TCK所属馬3頭の14頭で行われた。なお、11月11日には大井競馬場で日韓国際交流競走「インタラクションカップ」が実施される。
http://race.sanspo.com/nationalracing/news/20140831/nranws14083118150008-n1.html

レース映像はこちら

レースの映像を見たのですが、上位の2頭は3着を突き放している通り、力が完全に抜けていた印象でした。
シンガポール勢は他の2頭が惨敗しているあたり、勝ったエルパドリーノはダート適正も高いのだろうと思います。

2着の韓国のワンダーボルトはなかなか強い馬という印象。米国産で父父がDeputy Ministerなので、血統も悪くないのでしょう。
11月に大井に参戦してきたら手ごわいかも。

日本勢は遠征云々もあるかもしれないですが、完敗でした。
特にショコラヴェリーヌはもうちょいやれることを期待していただけに残念。

韓国競馬なんてもっと遅れていると思っていましたが、去年のワッツヴィレッジに逃げ切られたことも含め、徐々に日本競馬との差が迫ってきているのだと思います。(さすがにまだトップクラスとは差があると思うので)

-海外競馬
-,

Copyright© 馬券以外も競馬を楽しむ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.